スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
かんしゃく
久々に、双子のことを書いてみようかなー

子育てで私が悩んだのは、
長男、ゆう、のかんしゃく。

たとえば、ブロックがうまくくっつかなかったり、こわれたり
「せっかくつくったのにー」
と、ブロックが投げ飛ばされてすごい状態に。。。
それで、どこで困ったのかもわからない。
機嫌よく遊んでいたと思ったのに
泣き喚いて、『せっかく、せっかく」と泣き喚く
それが1時間続くこともしょっちゅうあった。


わたしからすると、
なんで、この子はもう一度挑戦しないんだろう?
ものを投げて、人やものをきずつけたらどうするの?
と、そっちを責める。

ほんとに、何を訴えているのかわからなかったし、
見ていられなかった。
それがどんどん、許せない行動になっていったのだと思う。

1年生になって、
宿題の字をきれいに書きたくて泣く。
ピアノが思ったとおりにひけなくてなく。
泣いて暴れるから見てられないんだけど(~_~;)
冬休みの縄跳びを毎日挑戦し、
毎日記録を更新。ところが、回数は増えれば超えられない壁にぶちあたり、どうしても、今日も記録を更新したい。
泣いて暴れている。公園でも寝転がって暴れる・・・
でも、1時間後、記録を更新した。
ピアノもグレード合格した。
字も先生にほめられているし、計算も速いとほめられるようになった。

ずーっと、この子は努力をしたくない子なのだ
この先、どうやって生きていくんだろう
とばかり思っていた。

でも、違ったんだなー
この子は、がんばれる子だったんだー
って、思う。

感情のコントロールがうまくできないところは
まだまだ、この先の課題だけど
きっと、変わっていくんだろうと、やっと思えるようになった。

かんしゃくを起こす時期に、
それをそういうものとして受け入れてあげて、
うまくできないこと、
本当はできるようになりたいということを
わかってやれたら
いま、彼は、もっと上手に気持ちをコントロールできるように
育っていたかもしれないなー??


と、私自身がまずは感情をコントロールして
大人として、受け止められなきゃいけませんね。
まだまだ反省は続く・・・


二人のブログはこちら⇒双子1年生の1行日記
スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

【2006/04/08 13:34】 | 子どもの性格 | トラックバック(0) | コメント(3)
双子のけんか
うちの双子は1年生です。
二人はわりと仲は良いほうだと思いますが、
最近はけんかをすると怪我をするのでは無いかと思うほど
激しくなってきました。
今までも本当にいろんな戦いがありましたが、
二人のけんかはこれから益々激しくなるような気がしています。

もっと元気になること書きたいのですが、
今目の前の戦いがすごいのでつい、ぐちです。

二人のブログは↓
http://ameblo.jp/sinyuutwins/
 
こちらのブログでも書いたのですが、
双子を育てていて一番つらいことは
二人を比べてしまうことです。

うちは次男が反応が良いので
私にとってとても育てやすい子でした。

たとえばおもちゃを取り合いする
これはよくある光景
長男が大事にしているおもちゃを次男が使う。

すると長男はものすごいけんまくでおこります。

私からするとそこまでおこらなくても、
貸してあげるという気持ちを持てばいいのに

「どうぞ」もできないなんて、この子友達とうまくやれないんじゃないかしら

泣いて怒るというよりも暴れまくるのでそれ自体に腹を立てたり・・・

わたしには次男側からしか物を見ることができず、

長男の側から考えることができませんでした。

おもちゃの取り合いは一つの例ですがほとんどのことで・・・

それが、長男の気持ち、長男の側の見方をすると

僕の大事なおもちゃをいつもしんがかってにつかう。
かしてあげなくちゃいけないのはわかるけど、
僕は大事なおもちゃをだれにもかしたくないんだ!

長男が誰にもかしたくない、と思うことはいけないこと?

わたしがわかってあげられなかったから、いつも長男をせめていました。

今、長男側からものを考えることができるようになっても、
まだ腹が立つことはいっぱいありますけどね(~_~;)

ふたりそれぞれ
と、言葉やあたまでは思っていても、
感情がそうならなくてとても苦しい思いをしていました。

いま、ふたりそれぞれ
と心から思えるようになってきていることは、
私にとって幸せなことです。

  子どもへの見方が変わり始めたのは年長の後半です。
  子ども自身も変わるし、
  私が変わった部分もあると思います。
  私が変わった一番のきっかけは
  本人が双子さん(もう大人です)とお友達になったことです。
  「わたしにもあったよ」の一言で、
  そんなことがあっても、今こうして立派な大人になれるのねー(T_T)
  先のことまで考えすぎず、今を見てあげることが大事だなー
  と思えるようになったのです。

  同時に二人を授かった幸運を素直に受け止めたいものです。

今一年生になって、やっと思える心境でしょうか

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

【2006/01/30 15:32】 | 子どもの性格 | トラックバック(0) | コメント(0)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。