スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学で講義を受けました
前回の記事からもう何日も経ってしまいました。
4月から7月までの火曜日、全14回、「臨床心理学」の講義を受ける機会に恵まれて通っていました。
名古屋市立大学看護学部3年生の授業です。
その授業に今回、市民公開として10名の応募がありました。
150名近く応募があったそうですが、見事に当たりこの機会を得ました。

内容は
1.臨床心理学入門(成り立ちなど)
2.臨床心理学の対象(正常と異常)
3.臨床心理学の対象(発達的視点)
4.臨床心理学の対象(心理的適応と不適応)
5.臨床心理学の対象(診断基準とその背景)
6.臨床心理学的人間理解(心理アセスメントの基本)
7.臨床心理学的人間理解(検査によるアセスメント)
8.臨床心理学的人間理解(看護版応答態度診断テスト)
9.臨床心理学的援助の方法(個人へ)
10.臨床心理学的援助(家族、地域社会、集団へ)
11.臨床心理学的援助(カウンセリングの基本)
12.臨床心理学的援助(カウンセリングのキーワード)
13.臨床心理学の実践領域
14.臨床心理学の学び方

目次の抜粋です。

目次を見ただけでも未だになんのことやらというのもあります。

5月から仕事が増えました。今までは月、火、金でしたが水曜日の授業を頼まれました。2年生のエクセル上級で、1年生に受け持った学生ばかりなので気が楽でした。しかし、その仕事を受けることは私に土日もなく働けというようなものでした。授業の準備やチェックがあるので。。「欲」が強いのか、その仕事を受けてしまいました。
4月からの週1回のこの講座、これだけでも昨年度からすると増えていて慌しさを増していたのに、さらに仕事を増やしてしまいました。学校の仕事は今夏休みですので、5月と6月2ヶ月だけがんばれば何とかなる、そんな考えでした。

しかし、その2ヶ月は本当に過酷でした。
でも、この講座は1度も休みませんでした。
お友達になった先輩ママさんがいつも席を取ってくださいます。
「遅刻してもいいから、早退しても良いから、とにかく来なさい」と最初に励まされました。

心理学の世界は幅広い学問があるようです。
「発達心理学」というものもあり、今回のこの3年生の学生さんは、2年生のときにその授業をうけているようでした。
そして、ことあるごとにこの「発達」時期の心理の成長の話がでました。
内容が私には難しい。ということもありましたが、帰り道はいつももうろうとしていました。
人は年をとっても各段階においてあるべき像があるのだそうです。その中でも乳児期における母親との愛着関係の形成がその後の発達段階において大きな影響をあたえる、というお話が何度もありました。
これが私をもうろうとさせるのです。
うち、大丈夫かなー

私は双子だった、ということが理由というよりは、私自身が親になりきれていなかったために、
子どもを愛情をもって抱いていませんでした。
特に、最初の1年、横になって眠れたのが1時間、6ヵ月頃から3時間という具合に、ほとんど眠れませんでした。ずっと抱いていました。
その時の心境は、「早くねてー」「いいかげんにしてー」
これしかありませんでした。たまにゆうが寝ているとしんが起きてくる。お願いだからゆっくり寝たい。おいしく食べたい。寝食が思うようにならないってほんとにつらいものですよ~~。未だに言ってる^^;

心を込めて抱いていない。私の中にある非です。ずっとこれはひきずっています。

子育ての失敗

という言葉がでました。

その日の質問に
「失敗は取り返せますか?」

答えは
「それに対しての答えは後になって出てくる。
 対応は早いほうが良い」

でした。もやもやしていました。

大学生、それも看護師を目指す人が受ける臨床心理学です。
自分が受ける側ではなく、面接をする側となる人のための講座です。
ですが、どんな話もわたしは、受ける側として、自分の今の状況やこれまでの状況と照らし合わせていました。
いつも私は大丈夫?子どもは大丈夫?そんな疑問がわいてきました。

私は昨年から、思いがけず自分の能力以上の仕事をすることになり、それでもがんばれる自分でありたいのだと、自分を励ましてがんばっていました。5月からもさらに仕事を増やしてしまい、それは無理をしていたと思います。
毎週転んではケガをしました。家族で胃腸炎になりました。
そのたびに
「この仕事は受けてはいけなかったんだ」「私にできるわけがなかった」
そんなことを何度も思いました。そう思っても、受けた仕事から逃げ出すことはできません。
精一杯やるしかありません。
頭の中は仕事のことでいっぱいです。

それでも火曜日にこの講座を受けに行くと、子供のことで頭がいっぱいになりました。この8年間を振り返る機会になり、またそれが苦しい時間でした。

先ほどの先輩ママさんにそんなことを少し話すと、「この時間だけでも子どもさんのことを考える時間ができてよかったね」って言ってもらえました。
物事はとらえようですね。


最後の講義では目からうろこでした。
カウンセリングのキーワード

1.傾聴
2.受容
3.共感

1.傾聴
 「聴」とは目と耳と心が1つになること

2.受容
 表面的なことに振り回されてはいけない
 自分の価値観や枠組みを横において、相手の価値観で聞くこと。
 簡単に評価をするとそこで終ってしまう。

3.共感
 同情とは違う。相手の感情に巻き込まれてはいけない。

自分がいつも子どもたちに対している態度を振り返りました。
 聞かなくちゃって思っているけど心の中で「あー君はかわっている」とか「やっぱりあんたは」なんて思っていては目と心と耳は一致してないですよねー子どもには伝わっているのです。
 いつも表面的なことに振り回されているとつくづく思いました。子どもには自分の価値観を押し付けている、これは気をつけなければいけません。

もやもやしていたのは最初のうちは、うちの子は大丈夫だろうか?という気持ちでした。そのうちに原因は自分にあるというところでどんどんつらくなってきます。
まずは私が私と向き合うこと。

私は、このブログで随分自分と向き合ってきたように思います。
自信がなくて、でも欲は深くて・・・
いろいろなことを記事にしながら考えていく中で、
「自分がどうありたいか」
と、人に求めないのが一番ラクになる、そう思うようになりました。

いつも励ましてくださる皆さんのおかげで私はがんばれています。
いつもありがとうございます。


今回、思いがけず貴重な体験をさせていただけたことを感謝しています。今後、せっかくなので臨床心理学について勉強を続けるといいのでしょうが、今は自分の仕事上の勉強などで手一杯です。でも、やはりこの3ヶ月この講義を受けたことでたくさんの気付きを得られたことは今後の私の財産となるように思います。

また、この講義に参加された市民の方と最後の日にランチに行きました。自己紹介から始まったのですが、皆さん志が高い方ばかりで、子育て支援をされている方もあり、今後お互いに高めあえることができたら今回の機会がより一層意義深いものになるなー

なんて、また欲をかいております。
スポンサーサイト
【2007/07/30 12:09】 | 親学 | トラックバック(1) | コメント(10)
子ども会の研修会
昨日は子ども会の研修会でした。

名古屋市の子ども会の役員さんが各区から5,6名ずつ集まります。
年間3回の研修会があり、今回が1回目です。

昨日は中津川キャンプセンターまでバス2台ででかけました。
子どもとパパはお留守番です。

<昨日の日程>
09:00 出発
11:00 キャンプ場着
    開会式、オリエンテーションなど
12:30 屋外でゲーム
   
    1.自然を五感で感じる
    2.ジャンケンサッカー
    3.木に名前をつける
    4.カード探し、猟犬とハンター

14:30 反省会
15:00 キャンプ場発
17:00 名古屋着


名古屋市子ども会



<名古屋市子ども会キャンプ場について>

 名古屋市の子ども会は、子ども会のキャンプ場を持っています。いるのだそうです。学校から5年生は中津川でのキャンプがありますが、そのキャンプ場とは別に、子ども会独自のキャンプ場を持っているのです。
そんな子ども会はめずらしい、そうです。
キャンプ場の施設は十数年前にできたとのことで、炊事場や洗面所、体育館なども大変きれいで整っていました。キャンプファイヤーも、もし雨が降った場合には室内でできるような施設になっていました。


<ゲームについて>
 
 まず最初に、バスに乗るときから、班が決められていました。
班の人とバスに乗り込みます。その中で班長を決め、班名を決めます。
我班は、男の方が1名見えてその人が班長、すぐに決まりました。
その班でゲームに取り組みます。

 1.自然を五感で感じる。

  少しおしゃべりをやめて、5分間、イマジネーションを働かせましょう。
 
 木の間から何が見える?空の色は?
 みんなが静かになると、
 
 鳥の声が音階を奏でるように聞こえてきます。
 森は美術館になります。
 空気が澄んでいて気持ちが良いです。
 少し上に上がると山が見えます。
 緑がとてもきれいです。
 ・・・
 いろんな意見がでます。
 それを各班で発表します。

2.ジャンケンサッカー
 チーム戦です。
 3列でガードし、ジャンケンをします。
 3列目の大将に勝つと1点です。
 単純なジャンケンですので
 年齢に関わらず楽しめます。皆夢中です。
 ジャンケンに勝つと単純にうれしい

3.木に名前をつける。

 施設を回りながらゲームが展開されます。
 こんどは、危険そうな道を通って会場へつきました。
 そこでは、
 自分の班の木を見つけ、名前をつけましょう。
 どんなことを感じるか話し合いましょう。
 そして、発表です。

 私たちの班は、「人生いろいろ」
 と名付け、大きな松ノ木を選びました。
 
 このころには、班の人との結束がかなり固くなっています。
 班長をもりたて笑いが絶えませんでした。

4.カードさがし

 次の会場では、カードがちりばめられていて
 班対抗でカードをうばいあいます。
 カードを取れるのはハンター(1人)だけです。
 それ以外の人は、猟犬として、カードをさがしハンターに泣き声でつたえます。横取りもあります。
 我班はまったくだめでした。
 む・か・しのお嬢様が多い、というのが敗因です(~_~;)

 どの班も夢中になっていました。

<KYT>

 K キケン
 Y ヨチ
 T トレーニング
 
 「危険予知訓練」

 これが、今回の隠れテーマです。
 子どもを指導する側になる私たちが、いつも危険を予知し、回避しているのか、そういう目をもって、ゲームにのぞめたか・・

  
  どんなことがあったか、最後の反省会で話し合いました。
  もちろんそれも各班で発表します。
  いろんな気付きがありました。
 
  その中でもわたしは、

  ・声を掛け合うこと
  
  これがとても重要だと思いました。

<全体を通して>

・ゲームという活動が、班を結束させることに驚いた
・普段まったく関わることのない他の区の保護者の方との交流は、有意義だった。
・ゲームの最初に静かになって、ひとりで森の中の空気に触れた瞬間、リフレッシュできた。下界を忘れた。(~_~;)
・KYTというキーワードを頭において行動することで、色々な問題点や自分自身の行動が客観的に見ることができた。
 また、「声をかけあう」ことが、とても大事だと感じた。

 私の班は、ベテランママさんが多く、盛り上げてくれる人がいたため、楽しくすごすごとができました。班長が「トトロ」から「トロロ」という愛称になって、班長はたじたじだったけど、それがまた彼のキャラクターで、みんなが1つになれた要因ではないかなと思います。
後2回の研修も、同じメンバーで行なうとのこと、
皆さんとの再会が楽しみです。
【2007/07/02 09:48】 | 親学 | トラックバック(0) | コメント(13)
子どものやる気を引き出すために・・・
今週は学校開放週間でした。
月曜・安全教室
火曜・授業参観
水曜・観劇
木曜・授業参観
金曜・縦割り縄跳び大会
です。

月曜の安全教室では
高学年の代表委員の方が劇を見せてくれました。
不審者に
ついていかない
くるまにらない
おきな声をだして
ばやく逃げる
だれかにらせる。
いかのおすし
の合言葉を再確認する劇を2パターン演じました。

今日は授業参観でした。
わたしは廊下でうしろからゆうを前からしんをみようと思いました。
結局よく聞こえないし何をやっているのか把握するには難しく教室で半分半分じっくり見たほうがやっぱりよかったな、と思いました。
廊下では母の情報交換もあり参観なのか情報収集なのか(~_~;)



今日はその後、家庭教育セミナーが開かれ出席しました。

今回は校務主任の先生が講師でした。
演題は「やったー!できるようになったよ!」
   ~子どものやる気を引き出すために~

この先生は理科の先生で
いきなりティータイムです。
とおっしゃり、マローブルーというお花のハーブティーをくださいました。
レモンやガムシロを入れてください。

みなさん遠慮がちでしたが、ある方が入れてみると
なんとブルーがピンクにかわりました。

あーさすが理科の先生。
これはおもしろいなーと思いました。
学校には「うすべにあおい」という花がたくさんさいています。
それを乾燥させたものがこれです。よかったら帰りにお持ち帰りください。
とおっしゃり、緑になったり、ピンクになったりする実験を見せてくださいました。

そして、では今からスポーツタイムです。
公園を走りましょう。

え~~~

「2万円あげますよ」
「200万円なら走りますか?」

なんだか耳の痛い話になりそうだ・・・何と言っても今週の我が家、お金の与え方に問題があると悩んでいる最中・・・


Porter Lawlerの期待モデル
という図をもとに、子供のやる気についてのお話が始まった。


子供のやる気というのは
「報酬の価値」
それから
「その報酬が得られる確立」
それで大きく違うものである。

という話からはじまった。
では報酬とは何か

ここで出てくるのが
「内的報酬」
「外的報酬」
「知覚される公平報酬」
というものだそうだ。

うちは結局「外的報酬」に目をうばわれていて、子も子なら親も親やっぱり親に問題があるんだな~~~などと思いつつ・・・


大人はほとんど「内的報酬」で動くのだそうだ。
「内的報酬」というのは
自分の中の感情?。
100点をとって「うれしい」
れきしは「おもしろい」
マラソンは「気持ちがいい」
などと思う。
きっかけは大人側からみた
こうしたほうがいいよという「外的報酬」だったことが
本人の中に
「やった、できた」「かっこいい」「うれしい」
というお金や目に見える価値ではなく
よろこびという感情で「報酬」が得られるのである。

あーーほんとにそうだよね。
自分で思わなきゃ!!
わかってるわかってる
「ピアノやってみたら」
「絵習う?」
「塾行く?」
「剣道かなんか武道はやったほうがいいよ」

親に言われてやったって
続かないのだ・・・

でも、親やまわりの大人で子供はいくらでもがんばれる。

言い過ぎないこと!

時期が来た時(タイムリーに)こどもに支援、アドバイス、応援する

のだそうだ。


うんうん、それが失敗してきたということなのかな?
「タイムリーに」が大事だよね。そう思うわ。
余計なこと言ったり、言いすぎたりや
「だからあんたは~」みたいなことじゃーアドバイスでも支援でもないんだよねー(ーー;)

具体的な行動として私の中にピンときたわけではないけれど
我が家のお小遣い制度を真剣に考える時であり
剣道を続けるかどうかを判断しなければいけないときであり
私の小言をうっとうしがるようになった子供たちであり

楽しく良い話を聞かせていただいて
タイムリーにご支援いただいた気持ちだ。

今日は早速、持ち帰ったうすべにあおいので実験水をつくり
レモン ⇒ピンク
きれいきれいの石鹸⇒みどり
お酢 ⇒赤
ママの洗顔石鹸 ⇒薄ピンク
子供の歯磨き粉 ⇒かわらない
ママのトリートメント⇒かわらない
オロナミンc ⇒ 薄赤
などの実験をした。

きょうは穏やかに一日を終えることができた。

PTAのみなさまお疲れ様でした。
貴重な時間をありがとうございました。

子どものやる気を引き出せるよう
「見守」っていきます!
【2007/06/21 23:11】 | 親学 | トラックバック(0) | コメント(8)
~子供のサインの見つけ方~
今日は授業参観日でした。
   授業参観についてはこちら ⇒ 双子のブログ

2時間目が授業参観でしたが、
3時間目にPTA主催の
「家庭教育セミナー」がありました。

今回のタイトルは
「親学のススメ ~子供のサインの見つけ方~」

講師は、臨床心理士 の先生です。

もちろん、参加しましたよ。
しかし、いつもながら参加者は少ないです。
30名くらいで、半分は役員だと思います。


セミナーの依頼は春ごろにしたようですが、
そのご、いじめによる自殺の事件が取り沙汰されました。

そういう事件に対して、先生が大事だと思うことは
・コミュニケーション
・社会性を身に付けることが大切

  集団の中で自分を主張し、相手を尊重するということ

だそうです。


また、最近の親子の関係を
・情をかけられ、手を掛けられている子

・情として、関わられていない子

極端になってきている
と分析されています。

問題は、後者。
親が
忙しくて子供に構えない
親自身が、自分のことばかり
事情はどうであれ、そういう状況の家庭は増えている。



ニートや引きこもりのカウンセリングもされていますが
カウンセリングに訪れる人の様子も
変わってきているのだそうです。

ある、ニート君が
「ぼくがこうなったのは、母親が、ぼくを無視してきたからだ」
といったそうです。
その人は、自分のことも両親のこともよくわかっている
食うためのお金もネット株で稼げるのだそう。
でも、苦しみがあったらしく、無視をしてきた母に
自分の苦しみをわかってほしくてなぐったのだそう。
わかるはずもない母が、警察に届け、カウンセリングとなったらしい。
先生にとっては、新しいタイプのニートくんだそうだ。



子供が感情を身に付けるスキルというのがあるそうです。
生まれた時点で、
快、不快
という感情はあるのです。おなかすいたーとかね。

イコール 生きること!!


その後、1歳までには、
怖い、とか、うれしい、悲しい、怒り、軽蔑、罪の意識
なども、形成されていくのだそうです。

それを
人に伝える

というのが、それ以降のスキルということになるのだろうけど、
ここには
養育者の力
が重要になるのだそう。
感情の交流が大切
ということだ。

あらーおしめがぬれたのねー
 おむつかえましょうね  

 気持ちよくなったねー」

「あらあら、おなかがすいたのね


そんな言葉がけから、子供は言葉や感情のやり取りを
学んでいるのだという。


  やっぱり・・・

  私は、声をかけてオムツをかえたり
  ミルクをやったりしていただろうか?

  実は、私はあんまり声をかけていない。

  割と冷静に・・・黙って黙々と
  時にはいやいや・・・時には時間だから・・・

  後悔ばかり・・




そういう前提条件の中で
「子供のサインの見つけ方」
というテーマ
子供のSOSサインの見つけ方について話が進められた。


①いじめについて

最近のいじめっこといじめられっこ
いじめっ子いじめられっこは昔からあったが
単純ないじめっ子といじめられっこという形ではなく
いじめっ子がいじめられっこだったり
その形は複雑化しているともおっしゃっていた。
   だから、いじめっ子は出校停止という処分もおかしい。
   とも、おっしゃった。


最近のいじめによる自殺について

自殺という行為 これは 自傷行為といわれている
自分を傷つけるのである。

それに対する言葉は

他害行為というらしいのだが、

今のいじめによる子供たちの自殺は
自分自身を傷つけ自殺しながらも
相手の名前を公表したりして、相手を攻撃している。他害行為がある

ということらしいのだ。
自殺しながら相手を攻撃する。


その形が今までと違ってきているらしい。
また、「引きこもり」という行為も自殺と同じ他害行為があるのだそう。


②いじめの背景
その複雑化しているいじめの形
それはなぜか?
  ↓
コミュニケーション力の未熟さ、未発達
にあるのではないか?

それはなぜか?
  ↓
家庭の中のコミュニケーション不足である。



昔は「外圧」があった。
たとえば
 家でふらふら遊んでいたら
   ご近所に合わす顔がない
   お天道様に申し訳ない
   ご先祖様に申し訳ない

そんなのあった
今はそういうこと言わないかな?
「そんなことしたら、ばちがあたるよ」とはよく言うけど。

今は「外圧」がない
だから「向社会的行動」たとえば挨拶をするということなど
ができない。

できなければ教えるしかない。

挨拶をしなさい。とはいうけれど
それ以外のことでも、一つ一つ教えなきゃいけない。

その時の視点は、その子が大人になり、社会に出て
社会を生き抜いて、次の世代につないでいく
ということだ。

そのために・・・
と考えれば、答えが見えてくる?・・のだ。


③子供のSOSサイン
さて、SOSサインはどう見分けたら良いのか

・食欲がなくなる
・持ち物がなくなる
・ケガをしてくる
・服装がよごれている
・暗い表情

しかし、このどれをとっても、
よっぽどちゃんと観察していないと、読み取ることはできない。


④どうすればいいのか
  親子の会話
  夫婦の会話

 とにかく、会話を大切にして
 普段のニュースなどを話題にして
 何がよくて、何が悪いのか、家庭として認識を一致させる

「向社会的行動」を養っていかなければならない。
 社会を生き抜いて、次の世代につないでいかなえればならないのだから。。。


「人間として、どうしていきたいか」
 これが大事。




 親として、ちゃんと意見を持ち、コミュニケーションを大切にしたいと思った。

テーマ:親学 - ジャンル:育児

【2007/01/17 16:18】 | 親学 | トラックバック(0) | コメント(12)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。