スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
学習意欲の高め方
今日はハニー様にお誘いいただいて
セミナーに参加してきました。

とても有意義な時間でした。

今急速に進んでいるe-learningの時代に
本当に子どもたちに伝えるべきことはなにか

体験を通しながら、学び、発見たくさんありましたー

ハニーさま、いつもありがとうございます。


私も、子どもたちの可能性を伸ばすために、できることをしていきたいと思います。





スポンサーサイト
【2010/08/21 02:12】 | コーチング | トラックバック(0) | コメント(4)
夢をかなえる?つづき
今朝、出かける前に更新をしましたが、時間切れになり途中で公開してでかけました。
続きです。

前回の記事はコチラ

『精一杯が100点とは思わない』

というところで終わりました。


「精一杯がんばっているね。」


それに対して満足できない自分。

いったい何を求めているんだろう?


自分で自分に疑問を持つこともありました。

こんな風にしか感じられないことがいけないのか?

人に認めてもらいたいのかほめてもらいたいのか、私は誰かに何かを求めているのかな?

何がいけないんだろう?

よく私が問いかける言葉
それって
自分の悪いところをさがしている・・
問題を見つけて解決する姿勢はわるいことじゃないけど
もっといいところに目を向けるようになったほうがいいのかな?




コーチングを勉強したいとおもった一番の理由は

自分が自分でいいのだという風に思いたい
という気持ちからだったと思います。
まずは自分と向き合うこと。


子供とのやり取りで自分が不安に思うこと、それは結局自分に原因があるだろうし、突き詰めれば絶対自分に返ってくると思っていて、
自分が自分を認めなければ、子供を認められないのかもしれない

そんなこんなで受講をしたのです。

ちょうど、3年生になってはじめた剣道をつづけるのかどうか、子供との格闘がありました。
コーチングで学んだ傾聴を使ってみて失敗したり、子供とのやり取りがうまくできるようになったかというと、そうでもなかったかなと、思います。でも、手法は身についてはいないけれど、しっかり向き合って話し合うことはやれたと思います。そして、子供が納得して剣道を選んだことで、今剣道を好きになりかけて、毎日がんばるようになりました。
先のことはわかりませんけど。
とりあえず大きな山を乗り越えることはできたと思います。


コーチングの最後の実習で10分間の面談。素人どおしのやりとりで形だけで終わると思っていました。

「精一杯を100点とは思わない」

この言葉で時間切れ。
核心だと思いました。自分の言葉を心の中で繰り返しました。


私は今、人生の中で一番がんばっていると思います。
がんばれるお母さんでありたい
って思ったからです。

だけど

「精一杯がんばっている」

のに、
なぜ笑顔で毎日がおくれないのか
なぜ腹を立てることが多いのか
なぜ不安でいっぱいになるのか

それが疑問でした。


「精一杯は100点じゃない」

そうか、だから私は満足していなかったんだって。。


帰り道、電車の中で 「夢をかなえるゾウ」の続きをよみました。

ちょうど[最後の課題]のところでした。

「自分の『やりたいこと』ってなんや」

ちょうどハニーさまの件で1週間くらい考えていた
「夢」のこととおなじこと


私の『やりたいこと』ってなんだろう?


そう、
考えちゃだめなのです!!

だから、
私はその時思いました。

仕事を続けていきたい。

って。


そのために、自分がすべきこと・・そう考えたら、

「自分のやりたいこと」

が、年初に思っていたことと変わってきました。

それで、コーチングはお休みです。
そして、今日、ある講座を受けてきました。半年また勉強します。


すると、
たった今電話があり、
来年度以降、空白だった予定が決まりました。
来年度以降も、今の仕事を続けられることになりそうです。

大きな夢ではないけれど
今の仕事を継続できることは、私にとってはとてもうれしいことなのです。
また、がんばります。

【2008/04/01 15:27】 | コーチング | トラックバック(0) | コメント(6)
夢をかなえる?
夢はありますか?

「夢」

「やりたいこと」

なんだろう?

と、一番やってはいけないこと

「考える」こと

と、ガネーシャは言っています。

さて、ガネーシャってだれ?と思われた方
にこり、と微笑んだ方

ガネーシャっていうのは

「夢をかなえるゾウ」です。

(^_^;)

「夢をかなえるゾウ」水野敦也著 飛鳥新社

この本、やっと読み終わりました。
つぼみさんのブログで紹介されて衝動買いのように即Amazonで注文しました。


途中間があいて、やっと読み終えました。
「いわゆる自己啓発本だが」とつぼみさんが紹介されていたのに
読み始めると小説のように始るので自己啓発本なんてまったく思わずに読み始めました。
ガネーシャというインドから来た関西弁でしゃべる神様と
主人公のやりとりが、関西風の間と突っ込みのやりとりがすごくおもしろいです。
ガネーシャの出す課題から主人公が直面する疑問やいいわけはとても納得がいくもので、それにたいして、ガネーシャが
「自分、ぜんぜんわかってないなー」
とちょっといい話をしてくれる。

「こうすべき」と言う自己啓発本とはちがうので、主人公の自問自答が自分とかさなって、すっかりガネーシャ教にはまってしまっています。



「やりたいことは何か」と言う問いに
「考える」というのは一番やっちゃいけないこと

というところにたどりついて、自分の中でもやもやしていたことがすこしずつ解決して、今、納得している私がいます。


今から、最近の出来事と私の気持ちの変化を記していきたいと思います。
また長くなると思います



先日、おなじみのハニーさまからある勉強会にお誘いいただきました。
結局、体調やいろいろあって参加できなかったのですが
そこに参加するために持って行かなければいけないものがありました

「なりたい人」「住みたいいいえ」「なりたい職業」など
そういう、切抜きや写真

すごく困りました。

職業支援に携わる方々ですので、そういう若い世代、子供たちに、将来なりたいもの「夢」を仕事に導いていくそういうワークなのだと思います。たぶん。

私はいま、仕事に対してありがたい状況にあると思っています。
ただ、それには自分の力は足りなくて、もがいてもがいて必死になっているという状況です。
だから、すごく楽に毎日を過ごしているのかというとそういうわけではないのです。
プレッシャーと言う言葉で片付けられないような不安や迷いやいろいろあります。

だから、今の仕事につけて
「幸せ」だとか、「満足」とは程遠い
だからといって、自分がこの先どうなりたいのか?
「夢」と言う言葉をきいても
なんとも
「夢」なんていだいて生きてきたことじたいない・・・

ハニーさまにお誘いいただいて
まず、私って夢がないよなー
この先どうなりたい?
って
この先どうしたらいいのか、悩んでいるところで・・・

てな感じで、本当に困りました。

それでも、その勉強会には参加するつもりだったんですけどね、
自分なりにこうしたいなーっていう
形を無理やりつくって・・・

でも、無理やり作った
ということで、なんとなく納得できていない、
私ってこの先どうなるのかな
という漠然とした不安や迷いは残ったままでした。




今年の目標に
コーチング
をあげました。

1月から
子育てコーチングと
カウンセリングと言うタイトルのコーチング
を受け、日曜日に最後の教室が終わりました。

この先、NPOの資格が取れる講座へ進むつもりでいたのですが、とりあえず、コーチングの勉強は、後期の期間でできそうならやることにして、他の講座を受けることにしました。

コーチングに対して満足したということではなく、
いま自分がやりたいことがそれではない、と思ったからです。


カウンセリング講座の最後の教室で
カウンセリングの実習がありました。
ペアを組んで、相談者と面談者で話をします。

「共依存」しないこと。
ティーチングではなくコーチングなので答えは「相談者」の中にある。

ということを念頭において

たった10分くらいです。
相手の状況や環境やそこまではわかりません。


わたしは最初面談者の役でした。

私の相手の方がこう切り出しました
「私はこれでいいのかな?私はここにいていいのかな?」
こういう不安が毎年この時期に襲ってくる

いろいろこうして教室にかよったり自分なりに勉強しているけど
「上司にとって」「部下にとって」
私はこたえられるのだろうか


そういうことだったように思います。

わたしなりに、傾聴のルールなど、学んだことにしたがい、進めることは出来たと思います。


こんどは、交代です。

そこで、何を話そうかと悩んで、子供のこと・・
と思ったのですが、

仕事のことを話しました。
私は彼女と同じ思いをしていて(すっかり共感ではなく同情してしまっていました^^;)

仕事はありがたい状況で、続けられたらいいと思っている。
自分なりにがんばっていると思う。できる範囲で勉強をして試験も受けた。
それでも、
「ここに私がいていいのかな」って思う。
それを払拭するためには、もっともっと勉強しなくちゃいけないというプレッシャーがある。
物理的にやらなきゃいけない仕事があり、準備とかチェックとか。
それでも、時間がかぎられていて、
子供の剣道とか、PTAとか子ども会とか、町内会とか、とにかくこまごまやらなきゃいけないことがある。


何でも精一杯がんばってみえるんですね。
仕事はたのしいですか?

仕事は楽しいのです。

ここで、私がひっかかったこと

「精一杯」がんばっている


反論しました。

「精一杯が100点とは思っていない」


時間がなくなってしまいました・・
続きはまた後にします














【2008/04/01 09:10】 | コーチング | トラックバック(0) | コメント(2)
子育てコーチング
今週水曜日、子育てコーチング講座の2回目に出席しました。
1回目が仕事でいけなかったので今回が授業としては3回目。

前回は「傾聴」でした。

まずは、自分の気持ちはおいておいて、
     相手の気持ちをうけとめる。

ということでした。
相手の言葉を繰り返す実習をしました。

今回は、「話す」です。

相手の気持ちを受け止めた。
次はわたしの気持ちを伝えよう。


You are OK!
I am not OK!

ではなく、

You are OK!
I am OK!

の関係にしようというもの。

You are not OK
I am OK

だったり

You are not OK
I am not OK

ということもある。

相手による。
年齢、立場、場面でもちがう。

と思った。

うまくいっているときはいいが
そうでないとき、どういう状態か?
それを

I am OK
YOU are OK,too

にできたらいい。



では、そうなる話し方があるのか?

「わたしは~」言葉をつかいましょう。

というものだった。


たいてい、子供におこっているとき

早くしなさい!
そんなことをしてはだめ!

まー日常茶飯事の我が家ではあるのだが
その場合

「あなたは」はやくしなさい
「あなたは」そんなことをしているからだめ
「あなたが」わたしを怒らせている!!

みたいなかんじで
「あなたは」
が主語にある。


「わたしは」学校に遅れないか心配しているよ。
「わたしは」そんなことをされたら嫌な気持ちになるよ。

などと、
わたしの気持ちを
「わたしは」言葉で伝えるというもの。


2年前にこの話はきいていたので
気をつけてはいたけど、
普段いつもそうかというと、
ほとんどがあなたは言葉で
相手を攻めまくりのわたし・・


I am OK
You are OK
の関係をアサーションというのだそうだが

このアサーションを築くためのキーポイントは

相手を信じている!

ということ
それでもあなたは大丈夫!
それでもわたしは大丈夫!


相手を信じないと
相手の気持ちを尊重することはできない。


これはわたしがこの3週間で強く感じたことだった。


そして
「わたしは」言葉で会話をする場合のポイント

① 事実を共有する。
   この事実には差がある。
   あと5分にも感じ方がちがう・・

② 気持ちを素直に伝える。
   
なかなか難しい。。

そして、わたしが大事だと思ったこと
わたしの気持ちを伝えたあと

「あなたはどう思う?」
と相手の意見も求めること。

それから
最後には

「Are you OK?」

と確認しようと思った。



前回の傾聴の講座のあとの3週間
ほんとにすったもんだだったんだけど
それで感じたことは

ティーチングでなければいけないことはたくさんある

ということ。

子育てにおいて

しつけ

と呼ばれる部分は大半をしめていて
それを
小さいときから

「あなたはどう思う?」
っていちいちやっていられない。

何度も言ってもだめ、
いつもうまくいかない

そういうときに、切り替える。
これもポイントだと思う。



簡単に身につくことではないけれど
2年間意識していただけでも
「わたしは」言葉は他の人よりうまく使えれていた。

こういう場合は
こういう言い方をしているんだけど・・

というと、「それでいい」
といわれた。

うまく伝えられていたと言われて少し安心した。

でも、やっぱりダメだとわたしはしっている。
人にはいえないような怒り方をしていて
言葉だけでなく、(言葉で伝えられる効果は7%だそうだ)
「態度、表情などの」相手に与える90%以上の効果で
すべてを台無しにしている・・・そんな自分を知っているから・・・
と、自分を省みて、せっかく学んでいることを実践していきたいものだと考えている。

それでも
日々、バトルはつづく・・・すこし、穏やかなこのごろではあります。
【2008/02/16 07:08】 | コーチング | トラックバック(0) | コメント(8)
勉強しています
今年の目標の記事に
「もうひとつやりたいことがあります」
と書きました。

それは
コーチングの勉強です。


コーチングで検索をすると
教室の料金は30万円くらい
資格までとれるようだが
高い!

私がコーチングにで初めてであったのは
ハニーさまに紹介していただいた
子育てコーチング講座の体験
だった。

あれから2年近く経つ。

ダーバンさんにご紹介いただいた本
「子供の心のコーチング」菅原裕子 PHP文庫

を読んでみたり
記憶に残っている対応で子供と対応。

でも、毎日毎日、よくもまーこんなにも
というほど、うまくいかないことが多い。

うまくいかないというのは

自分が感情的になり
その気持ちがおさまらない
自分自身のあふれる思いをコントロールできていない。

やり取りはすごくつかれるし
先のことを考えてもあまりいい状態じゃない。
と思うことがよくある。

コーチングを勉強してみようって思ったのは

たまたま講座の広告が入っていたから^^;
というのもあるけど
子供とのやりとりが
と言うのもあるけど
まずは
自分自身のコントロールができるようになりたい

というところが大きな理由のように思う。


昨年臨床心理学の講座を受けさせていただける機会にめぐまれ貴重な講義を受けることができた。
本当はそれをもっと勉強すると言う方法もあるのだろうな・・

自分の本業の勉強。
シスアドで満足していてはいけない。
もっともっと勉強することはたくさんある。

などと言い訳しなければいけないような心境ではあるのだけど

コーチングは
コミュニケーションの一つの手段。
仕事にもきっと役にたつでしょう。

さて、最初に30万と言う金額を書いたけど

私の受けている講座は、いわゆる文化会館の講座で
週2回3ヶ月で1万円くらいのもの。

今は数十万もかけて資格を取るところまではかんがえていないが
1年間、2週で1回の講座を続けられたらと思っている。

今受けている講座は2つ。
・子育てコーチング(月2回、全5回)
・カウンセリングで人の心をサポートする(隔週1回、全6回)


まだ始ったばかり

子育てコーチングでは
「傾聴」
を学び、
子供の言う言葉を繰り返す。

どちらの講座も
実際に実習がある。

2人ペアになり、
クライアントとアドバイザーの立場で
やり取りを体験する。

もう一つのカウンセリングの講座では
ティーチングとコーチングの違い。
ティーチングのわな。
カウンセリングとコーチングの違い。

などを学び、この場合カウンセリング講座なので
どういう心理状態なのかなど体験談などを紹介され理解を深める。

ティーチングはもちろん必要であるが、
落とし穴がある。
①依存、共依存、拒否 
②プラトーやスランプ (親は越えられない)
③違い(世代や生きている環境)

この問題にぶつかったとき、
ティーチングからコーチングに切り替える
ターニングポイント!!

常にコーチングではなくていい。
いざという時の会話がコーチングで会話をできるといい。

それはどういうことか

「対等」

であること。

対等とはどういうことか

ともに「発言権」があるということ。

そして大事なことは

インフォームドコンセント(説明責任)

コミットメント(対等であることの公約)

というのが、毎回(と言ってもまだ2回)に出てきたことだ。




それで・・
実践編
しかも子育てコーチングで「傾聴」の体験をしたばかり・・・

子供が
「剣道やめたい」
「あら剣道やめたいの」
「いきたくないんだ」
「そう、行きたくないのね」
・・・
「どうしてそう思うの?」
「つらいんだ」
「そう・・・つらいんだ・・」
・・・あんたより小さい1年生がめっちゃがんばってるジャン!!
  すでに私の感情が・・・そしてつっこみしたくなる
「たのしいっていってたじゃん?」
「そんなこと1度もない
 しぬほどつらい」
・・・・

けっきょく・・・
その日は剣道を休みました。

コーチングってなんなんだ
傾聴ってなんなんだ!

「嫌なものはいや」

「そうよね」
って受け止めて

「だからやめる」

「そうね」

ってわけにはいかんだろう!!


てなことで私の葛藤は怒りにかわり
ぐったり絶望感・・・

まだまだこの先の講座があるのだけど・・・
そんなこんなで2,3週間過ぎています。


いまの時点で私が気づいたこと

・私の気持ちとあなたの気持ち
 あなたの気持ちを受け入れるには
 相手を信頼しないとできない。

・自分は怒りに任せて怒っている。
 それを、客観的にみている自分ができた。

・かじりだけでコーチングは簡単にはできない
 コーチングするにはタイミングがある。

いまのところ・・・



そして、子供は
剣道、つづけていますよ ⇒子のブログへ
【2008/02/09 10:00】 | コーチング | トラックバック(0) | コメント(4)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。