スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
パパの寝かしつけ
久しぶりの父親登場です。

我が家の双子、寝つきが悪いです。


足をマッサージしながら、子守唄を歌い続けた時期もありますし
本を読めば、短いものなら3回くらいは読まなくてはいけなくて
たいてい、読み手がダウンしてしまいます。
すると、グーでパンチして起こされます。^^;
とにかく寝つきが悪いので
洗濯、茶碗の片付けなどが残っているときは
だんだんイライラしてきます。
いっしょに寝ちゃってふと目覚めて、11時、12時
まだ仕事が残っていると、本と泣けちゃいます。
そんなこともしょっちゅうです。

とにかく、寝てくれればこんな楽なことはない。

と、よく思っていました。

どうしても、こちらがイライラして眠れないときは、

パパの登場です。

パパが寝かしつけるとたいてい、なんていうこともなく寝ます。

たとえ30分かかっても、パパはイライラしません。
たまーーーーにおこっちゃいますが・・

小学生になって
それでも、寝るまでは人恋しい双子たち。
体力も増してきたのか
10時過ぎて寝ないこともざら。
ついていけません。
ほっておけば、私が寝るまでずっと待っています。

それで、パパの早い日は
寝かしつけを頼みます。

すると
「すいか」
「かめ」
「めだか」・・・

しりとりが始まるのです。

最初のころ
「寝る気があるの?」
「寝せる気があるの?」
と怒ったりもしましたし、

今日も、かなり盛り上がっているので
ほんとにもーーー(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
という気分でしたが、

30分ほどすると
とても静かになっていました。
「あ、ごめん、今寝とった」「あ、ぼくも」
という声が、
そして、
のぞきにいったら、
3人そろって同じ形で同じ向きで寝ていました。(~_~;)


かわいいやつらです。
スポンサーサイト
【2006/08/28 23:25】 | 父のこと | トラックバック(0) | コメント(6)
博物館 戦争展
今日は博物館へ行きました。


その記事についてはこちら⇒双子の日記に公開


その中の「戦争展」を見た私の感想です。



先生の記事が戦争の体験であったこともあって
行かなくちゃと思ったのですが、
やはり、子どもには見せないほうがよかったかなー
と、ちょっと複雑・・・

考えていると、とても食事もできなくなるくらいに
グロテスクな写真が紹介されていました。
子どもたちには難しいことばかり、

でも、写真は理解できます。

劣化ウラン爆弾の被爆者です。

他にも90歳の被爆者ご本人や冊子、写真など
学童疎開についても紹介されていましたが

なにより、劣化ウラン爆弾の被爆者の写真がインパクトがありました。

イラク戦争の後遺症に悩む人たちの写真でした。

「こわい」これが素直な感想です。

「自分は動けてよかった」とゆうがいいました。

ゆうは、夏休みの読書感想文で「どんなかんじかな」(課題図書)をえらびましたが、
これも、体の不自由な人が主役の本で、自分が五体満足であるということを認識しました。



子ども達は脳裏にあの写真は残っているけれど、

自分のことではないので、今はそこまでです。



この戦争展は博物館が催しているものではなく、
市民団体が毎年行なっている催しのようです。
参観している人、主催している人、皆さん、高齢の方がほとんどです。

数年後、数十年後と、こうして語り継ぐ人はいなくなるのか・・・


また、こういうことに対して訴えが必要であると思いながら
目をつぶっている自分がいます。
できれば、日々の平穏な生活で対岸の火事であってほしいとどこかで思っています。
何もできないし、何もしようとはしていない。

子どもたちが大きくなって、こういうことに感心や問題意識は持ち続けて欲しいと思います。
でも、その中心となってしまうとしたら、それは苦労だな
なんて、考えてしまいました。


不謹慎なことだと思います。
これだけの傷が今も尚残っていて、あきらかに、被害者が(被爆した赤ちゃんや子どもたち)イラクに今存在している。
それなのに、また、戦争を起こそうとしている。
そして、日本も加担しようとしている。
わたしがこんなテーマをここであげてもしかたがないし
人を説得するだけの材料はもちろんない。

ただ、なぜ?という気持ちがある。
おかしい。と思う気持ちがある。

それでも、私は目をつぶってしまう。

子どもたちの未来が平和であることを願っているのに。


この夏は、いつもより戦争に触れることになった。
何かを考えなくてはいけない。目をつぶっていてはだめだ
といわれているのかもしれない。

それでもきっと、またわたしは、
明日からの普通の生活を幸せに過ごす。
【2006/08/25 23:36】 | 母の気持ち | トラックバック(0) | コメント(6)
恩師からの手紙
先日紹介した、小学校時代の恩師

覚えていらっしゃらないとは思いながらも
手紙を書いた。

住所がわからないので、新聞社へ切手をつけた封筒を同封し
送ってみた。
そしたら、先生のポストへ届いたらしい。

中日新聞のご担当者さまありがとうございまーす。(って聞こえないけど^^;)


先生には1年生になるお孫さんがいらして
いっしょに暮らしているようだ。
娘さんが二人見えたようで、次女さんの娘さん。

でも、長女さんは、中2で亡くされている
と追伸に記されていた。(なぜ私にそれを・・・)
また、お孫さんの苗字が今の私と同じ姓ということで
それも驚かれていた。


先生は、今、月に1度、博物館でボランティアをしているそうだ。
ちょうど今朝の新聞に
今日から27日まで「2006あいち・平和のための戦争展」
というものが開催される(8月23日付け中日新聞より)と載っていた。


記事を読むと、子どもにはまだ早いような気がする。

先生にお会いできるかはわからないけど、
これも何かの、縁かもしれない。
行ってみようかなー
これも夏の思い出か・・・

【2006/08/23 11:27】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(11)
安全マップ
今年は、宿題などと特に明示はないが、「安全マップ」の作成という資料が入っていた。

安全マップ低学年用として、安全マップの作り方と、学区の地図がA4版にコピーされて入っていた。

学区ぜんぶ網羅するのは大変だなー
と思いながら、3回散歩がてらコースを変えて学区探索をした。
ほんの少しの距離を歩くだけだけど・・・

よくよく資料を読むと、学区ぜんぶ網羅することはないらしい。
子どものよく立ち寄りそうなところと学校周辺。
いっしょに歩いて、危険を意識することが大事みたいだ。

夏休みの日中歩いても、ほとんど誰にも会わない。

みんな何しているのかなー?
暑い中よく行くねー\(◎o◎)/!なんてびっくりされるくらいだ。
それでも、仕事をしている人には出くわす。

うちもよほどおしりをたたいて3回の散歩。

歩いてみて気付くことは、
 ・車の往来。
   やはり車の事故が一番危ないように思う。
   歩道のないとおりがほとんどで、大通りの中にあるため
   迂回する車がいて、スピードも結構出ている。
 ・こども110番の家
   どこにあるのかはやはり確認しておいたほうが良い。
 ・ごみがたまっている場所がある。
   ごみがたまっている空き家があったり
   公園周辺は昼間は営業マンの休憩場になっていて
   車が止まっているが、その後、ごみがよく落ちている。
 ・時間帯
   歩く時間帯によっても、道の危険さは違うのかと感じた。
 
不審者に会いそうなくらい道や人気のない通りはまだ子どもだけで
歩くことは少なく、あまり気付かなかった。

夏休み中も結局公園に一度も行かなかった二人。
私がついていってやれば行くのだけど・・・

丈夫な体を作るには、食と運動。
ゲームとテレビではやはり心配になっちゃう。


安全を教えることももちろんだけど
基本的な生活習慣。今一度見直したい。
残りわずかとなってしまった夏休み。
明日は日曜日なのにパパは仕事。長い日曜日になりそうだ。
【2006/08/19 15:07】 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(10)
終戦記念日
昨日は終戦記念日

朝から、小泉首相の行動に賛否が飛んでいる。

私からそういう難しいことに意見はしない。

私が、終戦の日にしたこと、

・子ども番組で戦争の漫画があったのでみせた。
・正午近くに、子どもたちといっしょにお仏壇をお参りした。

戦争に対する記事をあちらこちらで見かけるこの時期。

昨年、8月9日か6日ごろに
中日新聞の「中日サンデー版」
に、広島、長崎の原爆特集があった。

その夜、子どもたちといっしょにその新聞を読んだ。
1年生の子ども達にはとても衝撃的な内容で、
眠れないほど怖がっていた。

そのころからか、その前からかは記憶にない。

子ども達は
「戦争がなくなりますように」
と、お仏壇や、神社などをお参りすると
家族の健康とともに、それを願うようになった。

昨日もテレビを観た後で
「戦争がなくなりますように」
と、お参りしていた。


昨日の新聞広告で、
映画の宣伝が1面に載っていた。
それは、
戦争映画というものは、どちらか側からの視点によるもので
どちらか側が「悪」という視点にたったもの。
しかし、どちら側にもその視点があり、
「悪」だけではなく、
双方に、子ども、配偶者、家族を亡くした人がいる。
傷ついた人がいる。
双方の立場にたった二つの映画という宣伝だったんだけど・・・



子どもでも戦争はいけないとわかるのに
なぜ、なくならないのか。

私自身が平和ぼけしているから、
その理由が 
わからないのかな???
【2006/08/16 09:28】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(5)
母の小学時代
中日新聞8月11日の記事に、私の小学1年生の恩師の記事が載っていた。


3?年前の小学校1年生の時の恩師だ。忘れられているだろうな・・


昨年小学1年生だった我が家の双子。

自分自身の1年生のことを何度か思い出したり子供に話したりした。

先生はとても優しい先生で、大好きな先生だった。
1度だけしかられたことがあった。コーンスープが大好きな私は、みんなに大盛いっぱいについだ。そしたら、足りなくなってしまった。
先生にすごく怒られたことを覚えている。

授業はまじめに聞いていない私だったけど、先生の授業と関係ない話が興味深く楽しんでいたことを思い出す。

3?年前の恩師。こうしていろいろ思い返していた昨年。先生はどうされているだろう?もう、かなりお年を召しているはず。
とっくに教職はリタイアされているだろうか
などと考えた。
もう、お会いすることはないけれど、お元気でいらっしゃることを祈ったりした。

その先生が新聞に写真つきで載っていた。\(◎o◎)/!

記事は、
「子どもたちへ!」戦争体験を語るものだった。

その記事の中でも、先生は35年にわたる教員生活の中で、子どもたちに戦争体験は話していない。辛すぎていやな思い出だったからかも。と書いておられる。
私も、楽しいお話の記憶ばかりで、話してもらったかどうかは記憶にない。

ただ、私たちのこどものころは、「はだしのげん」の映画が学校で催されたり、親や祖父母が戦争体験者であったため、直接的に戦争の話を聞く機会が、今の子どもたちよりはあったように思う。

先生は、「今になって、子どもたちに伝えたいと思う」 と、締めくくられている。
直接体験を聞くことは、子どもたちに与える印象も大きいだろう。

もしかしたら、実際に再会する日も、来るかもしれない。かな??


小学1年生の夏休みといえば、すっかり宿題をせずに暮らし、8月30日31日、9月1,2日までにおよんで宿題をしていた私。。
読書感想文も読まずに何とかマスを埋めようと必死だったなー。

小学1年生の先生は宿題がなくて、優しくて大好きだったけど、2年生の同じ苗字の若い女の先生は、漢字の書き取りを毎日宿題にした。
それがいやで1週間登校拒否した。

どんな小学生だ!\(◎o◎)/!
子どもには言えない母の小学時代。
子どもには内緒でお願いします。^^;
【2006/08/11 16:10】 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(5)
英語教室
今日は2回目のトワイライトの英語教室の日でした。

項目は以下
・Review 前回の復習
 先生が地球儀を用意してくださっていたので
 せっかくなのでもう一度、英語ってどこの国の言葉?
 などと、地球儀をまわし、
 英語を話せるようになると世界中に友達ができるかも、
 なんて、
 How do you do? songを歌いました。
・本日のキーワードの説明
 Morning  Good Morninng
Afternoon Good Afternoon
Night Good Night
・プラスアルファの挨拶
 Morning How are you?
Afternoon Have a nice day
Night See you in my dream.
・歌
 Good Morning
 上の挨拶がでてくる。
 数回くりかえし、プラスアルファの挨拶で
 握手や、手を振ったり、ねたふりの動作をつけてみる
・本
 とーっても簡単な、赤ちゃん用の絵本
 「おはよう」と「おやすみ」を英語バージョンで
・Activity
 -今回初めて英語教室に参加した人を内側の円に、
 前回来た人を外側の円にして、前回のHow do you do? song
を踊る。
 -Walking,Runninngなどの動作を曲に合わせてあそぶ。

ちょうど1時間くらいです。
人数は前回は60人くらいで、今回は40人くらいでした。
しかも、半分は、新しい子でした。
ということは、前回の子は20人しか来なかったんだなー
なんて、ちょっと不安になったりして・・・
楽しくなかったのかなー?って。
夏休みということで、トワイライトに参加している顔ぶれも
違うのだそうです。
40人くらいだと、全体を見ることができて
誰が歌ってくれていて歌ってくれていないかもよくわかりました。


ゆうとしんの感想はこちら

楽しんでくれたようなので、まーよかったのかな?

月にたった1回とはいえ、どんな曲がいいのかとか、
どんなActivityがいいのか、どんなお話がいいのか
いろいろ悩みました。
たとえ簡単な絵本とはいえ、英語に訳すのにも
和英辞典を引っ張り出して、悩みました。

良い勉強ですね。
英語でしゃべろうと、自分も努力しますから。


ターゲットは、自分の子ども、2年生。
高学年には、たるいんじゃないかなー
と思いましたが、
今日来ていた女の子5,6年の3人は、前半が難しいといいました。

小さい子たちが、うんうんなんとなくわかる
なんとなく歌える
と、楽しんでいるのに対し、
大きい子達は、1字1句、理解したいのかも
と思いました。

丁寧に何度もフレーズを練習する授業ではないので
彼女たちには、個別にじっくりやってあげると
いいのかもしれないな。。
なんて思いますが、そういう授業形式では
8割以上にあたる、低学年には、つまらなくなるかもしれません。

硬く考えず、楽しいActivityで
英語を耳にするだけでいいかなと思ってやっています。

なんとか年内、年度内は続けてみたいです。
大丈夫かな?
【2006/08/09 00:07】 | 英語教室 | トラックバック(0) | コメント(2)
幸せのお裾分け
今日は、ゆうの担任の結婚式だった。昨年はしんの担任。

友達と、名古屋まで出て、見にいった


どこで結婚式をするのか?見にいっても良いのか?と連絡帳に書いたけど、ゆうは、2,3回続けて出さなかった。
やっと出した日、先生休み(>_<)

友達が場所を聞いてくれた。
(その子は連絡帳、ちゃんと出したのね。)

結婚式場へ電話をし、
チャペルにて11時50分から式ということ。

12時ごろから、ロビーで待っていれば、会える。
といわれた。


11時50分式は始まっていた。
ロビーに着くと、
チャペルの中に入れるという。

ちょうど5人、席が空いていた。
式の途中から入らせてもらった。

子ども達はよくわからない。初めての経験。
誓いの言葉
指輪の交換
ベールをあげて

「誓いのキス」

子どもたちが息を呑んで目を丸くしなんともいえない表情をしている。

先生も退出時に子どもたちに気付きとても喜んでくださった。

子ども達は、参列者に混じり写真にまでお邪魔した。


ウエディングドレスがなんともセンスがよく。
ちょこんと乗ったティアラもかわいい。
それから


旦那様がなんとも素敵。

先生を励まし、支え、見守る姿が想像できる人。

あーなんてお似合いなんだろう。

遅れた友達が披露宴の最後に着き
披露宴に来たドレスの写真を送ってくれた。
ピンクのかわいらしいドレス。
かわいい花嫁さんだなー。って、素直にうれしい。


今日は、一日ほのぼのとした気持ちになった。
先生のことを思い出すだけで、
とても幸せな気持ちになった。

先生は本当に暖かい、優しい人。
また、それ以上に優しそうな、健康そうな旦那様。

新郎の職業は先生じゃないらしい。
何の仕事だろう?とーっても興味がある^^;


夜、先生からわざわざ電話をいただいた。
子どもたちに、
「先生の一生の宝物。涙が止まらないくらいうれしかった」
とおっしゃっていた。

もちろん、この先も何もないわけじゃないだろうけど
「大丈夫ですよ」って
本当にそう思えた。

いつも先生の優しさはわかっていたけど、

この先、もっと先生は輝かれること、間違いない。

とてもよき日。
「幸せのお裾分け。」
いい言葉があるものだ。

人生の門出ですね。!

先生!どうぞ末永くお幸せに・・
【2006/08/06 01:13】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(5)
少し落ち着いた一日
昨日は、愚痴メールでしたが、おかげさまで
ブログをかきながら、混乱していた原因も見えてきて
冷静に対処できそうです。
ありがとうございました。

やれることを、やれるときにやっていくしかない。

というところでしょうか。

そうは言いつつ、今朝も一発爆発してしまいましたが・・・^^;

今朝、皮膚科へ行って(半日かかりました(>_<))
心配なことがいろいろと解決しました。
ねこにひっかかれたこと、足のできもの、足裏のほくろなど・・
1つの心配がいろんなことに広がってしまっていたので
心配しすぎということで解決して
ほっとしました。
すこし、胸のつかえが取れたというか、
気持ちに、ゆとりを取り戻せたような気がします。

今二人は、
ウォーターボーイズの再放送にはまっております。
PM4時半~。今は平和な時間(^_^)v
トワイライトもお弁当を持っていくことが楽しみで
昨日と今日は、喜んで行ってくれました。

心配や、自分の思い通りにならないことへのイライラはありますが
私自身にも、たくさん反省点があったので
残りの夏休みは、笑顔を増やしたいものです。

来週は、トワイライト英語の第2回目です。
月に1度と言っても、
大勢の子どもを相手にするとは、簡単なことではありませんね。

目的は
トワイライトへ楽しく参加してもらうこと

ですので、楽しく過ごせるように展開を考えています。

また、報告します。!(^^)!
【2006/08/03 16:56】 | 母の気持ち | トラックバック(0) | コメント(9)
夏休み、ちょっとおつかれ・・
暑中お見舞い申し上げます。
夏休み、だというのに、夏を満喫していない我が家です。
皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、ちょっとぐちぐちと書きます。

愚痴ブログです。

お忙しい方、パワーアップしたい方には不向きなブログになっております。
できれば愚痴は書きたくないけれど
自分自身の気持ちの整理のために書きます。


夏休みに私がやりたいこと

 ・後期の授業の準備
 ・前期の仕事の整理
 ・家の片付け
 ・海に行きたい。他、セミナー、観劇など。。
 ・子どもと勉強の時間を作りたい。
 ・宿題の安全マップを作るために、子どもと学区探検

夏休みに小学2年生の子どもにやらせたいこと

 ・宿題(夏の生活を計画的に)
   ・読書感想文(希望者のため強制宿題ではない)
   ・ポスター(  〃          )
   ・貯金箱作り(  〃          )
 ・コラショなどで、計算や漢字の復習
 ・安全マップ(母と散歩)
 ・海、山、たくさんの夏の思い出


さてさて、書き出してみると、やっぱりやろうとしていることがもともと多いのだろうか???

あんまりにも母の張り切りと子どものモチベーションには差がある。

二人とも、夏の生活はできるところは大体やっているようだが、

  夏の生活
   これに意義あり。
    なんで、3ページくらいに、夏休みの思い出を書きましょう
    や、ところどころに、思い出にまつわるものがでてくるの?
    小1や小2で、これは今できないと判断し、
    後日、そのやっていない科目を
    自分でせっせとやる子はいるのか??
    親が見るのが当たり前なのかなー?
    そうなると、「つぎは何やればいいのー?」と
    他力本願になる。
    自分のやるべきことを日にちに分けてやるのって
    もともと無理と思うが、他の子はできるのかなー?

毎日の時間割と、全体の大体の予定を早々とつくり、
子どもにも、自分で予定表に書き込ませた。

でも、それ自体、言われたまま書いただけで、自分の予定じゃないんだよなー。。


夏休み、
ほっておけば、ずっと勉強なんてしないと思う。
これは、私がそうだったから。
うちの子は違うかも知れないのに、ほっておけない。

朝から、テレビをつける。(学校のある日はつけていない)
オハスタ観て、次のしま次郎、キティチャン、ディズニー
を観る。
(予定では、8時から勉強)
そこで強制的にテレビを消さなければ、
ずーーーっとついている。
NHKをつければ興味深いテレビもやっている。
10時から12時と、2時から5時までは
自由時間ということになっている。

でも、時間を守ったことはない。

毎日の積み重ねは大きい。

「他の子は、そろばん行ったり、くもんへ行っているから
 あんたも、夏休みぼけーっとしていると
 みんなにおいてかれちゃうよ」

と、言ってみた。(しんへ)
「ママってさー、そういうことしか言わんね」

「え?どういうこと?」

「ゲーム買ってあげるよ。とか、
 おっぱいさわっていいよとかさー 言わんよねー」

「勉強しなさい」しか言わないってこと?

そんなに言ってないと思っていたけど
言っているんだね。

確かに、夏休みに入ってからそうかもなー。と思う。

私の中ではメリハリをつけたい。
と思う。
やるときにやって、遊ぶときに遊ぶ。
遊びも、できればゲームではなく、虫取りとか、
トワイライトで友達と、なんて勝手に思ってる。


もう一つが体調。

1年生の間調子がよかったのに、
2年になってから、ゆうが何度も溶連菌
溶連菌は抗生剤を2週間飲まなければならない。
抗生剤を飲み続けることも気になるし
何度もかかることも気になる。
扁桃腺を取ったら、溶連菌はかからない、とは言えない。
と言われている。
でも、それも選択肢の一つ。爆弾を抱えている。

そんな中、微熱ぽかったり、猫に引っかかれた傷が膨らんできたり
心配で、こっちがノイローゼになりそうな
また、悪循環に陥りそう。
私が心配になれば、子どもに伝わって
子ども自身が強くなれない。

強くなってほしいのに、ご飯を食べない。

だんだん感情的になる。

うまく気持ちが伝わらない。

さーこれをストレスということで発散させれば解決するのでしょうか?

いろんなことが絡み合っちゃって
オーバーフローしているんですね。

こうやって書き出してみるとわかってきます。
まず、最初のやり取りはしんとのやりとりから生まれるもの。
後半の体調の心配はゆうへのもの。
そして、自分自身がやりたいことができない。時間の管理がうまくできていないことへのジレンマ。
それらすべてを、混在して、もやもやーーーっとしてる。


学校へ行っているときは、
3時までは時間が空いているし、子どもの勉強も
自分で宿題をやるようになり、
ほとんどほかりっぱなし。
私は、明日の授業の準備、切羽詰っているので仕事するしかない。

でも、
子どもも夏休みで、ちょっとくらい、
遅くまで起きていたいし、寝坊だってしたいし、ぼけーっとしたい。

かく言う私も、
ボケーっとして、いっしょにテレビを観てしまったり、
ブログをやっていて、夕飯の支度が遅れたり・・・


子どもに自覚を持たせようとすると、自分もちゃんとしないといけないんですよね。
自分がちゃんと宿題やらなかったのに
子どもにはやらせようとしているのだから
これは、相当、私が覚悟しなければいけないのかなー


方向転換しようかなー

勉強は諦めようか・・・

算数の計算だけはやっておいたほうがいいかなー・・・

もう、コラショは絶対やめてやる!

などと繰り返す毎日・・・


「勉強しろ」という親に育てられた
子どもの、事件、取り沙汰されていますね。

勉強がすべてじゃないと思ってる。
自分も宿題という宿題一切しなかったけど、今何とか生きている。

子どもには、もっとましな人生を、とでも思っているのか?

すごく夢中になれるものがあれば
それで良いかなと思う。

健康でいてくれたらそれで良いかなと思う


ゆうは絵や物語が好き。夏休みに本を何冊も読んでいる
でも、ちょっと、病気しがちで、ご飯をちゃんと食べない。

しんは、たまたま今回風邪が長引いたけど、いつも元気。
インフルエンザだって、おたふくだって跳ね飛ばす。

でも、何か一つのものに夢中になっているものはない。
言われたことはちゃんとわかるし、何でも一生懸命にはやる、
でも、ちょっとくらい、(夜更かししたって、テレビ観たって)
と勝手に判断する・・・

結局、その、いいところじゃなくて、気になるところにしか
目がいっていない。
二人のダメなところをあわせて
もう、あんたたちは、ダメ!!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
となっちゃっていたのかなー??

こっちに注意、だからあんたはとあっちに注意!
注意注意の毎日じゃー、楽しい夏休みにはならないよなー


楽しい夏休みにしたい

って、口で言っているだけじゃならないよね。

んー明朝のお母さんは、変わっているでしょうか?
少しは、気持ちの整理ができた気がしますが・・・

長々、最後まで、読んでくださった方、ありがとうございました。
ぐちぐちでしたね。
皆さんのご家庭では、ぜひ、楽しい夏休みにしてください。
夏には夏の楽しみがありますよね。
あービールがうまい!違うか?!

【2006/08/03 01:37】 | 母の気持ち | トラックバック(0) | コメント(4)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。