スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
うれしかったこと
前に、子どもの習い事の件で、
「楽しみとは」ということに少しだけ触れたかもしれませんが

達成感から味わう、喜びや楽しみ

ってありませんか?

つい最近、トワイライトの英語の講師の件で
自信喪失の話を記事にしました。
もちろん今でも進歩はしていないけど
ちゃんと努力して、継続ていきたい、と思っています。

そんな中で、私の頭をめぐっていたことは
音楽と、映像の融合です。

よく、英語の教材にあるようなことなのですが、

それを、自分で作ってみました。

パワーポイントを使用して作ったのですが、

イメージしていたものが出来上がったときの喜びを
味わうことができました。

その日は興奮して眠れないほど。

その作品を子どもたちに見せるかどうかはわからないし、
見る人がみればたいしたものではないのです。

ただ、「できた」
ということ、それが単純にうれしかったのです。

もう、この年だし・・・私なんて・・・
何でもそう思いがちな私ですが、
挑戦したことで、結果が返ってきている。
それが、私にとって素直にうれしい、と思える出来事でした。

トワイライトの仕事に挑戦しなければ
今回の成果はなかったのです。

多くを求めず、一歩一歩。
それでも、挑戦すれば、無駄に終わることはないんじゃないか
って、思えます。

そう、思える自分がうれしい。

私の未来はあんまり明るくないかもしれない。
先は見えないんです。数年後のことはわかりません。
老後が不安でたまりません。

でも、今挑戦できること。そういられることは幸せなことです。
そして、わたしが、こういう気持ちでいられるのは
家族の存在のおかげ。そう思います。
スポンサーサイト
【2006/09/27 15:45】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(13)
ママはホテルでランチ
昨日は愚痴ブログにお付き合いいただき、申し訳ありません。
なぜ昨日あんなに悲しかったを考えると
結局自分の中にある不安にヒットしたからなのですね。

結局やっぱり私の問題。
私の気持ちは主人にちゃんと話さなければいけないのかもしれないけど
私が好きでやっていること
そのために、私が子どもや主人へ関わる時間が減って
被害を受けることはあっても、
それでパパに得があるわけでもなく
勝手にさせてくれているのだからそれで良いのです。

私が自分に自信がないから
今までで一番がんばっているかも、なんて、強く表現してしまいましたが、今まであんまりがんばったことがないから
普通の人に比べたら小学校の宿題をやる程度のことでたいしたことじゃないのです。
私は宿題をちゃんとやらない子でしたから^^;

何も努力をしてきていないので自信が持てないのです。
焦らず、今できることを続けていくことで
きっと自信が持てる、と信じて、続けていくしかない
と自分を励ましています。

いろいろご心配をおかけします。
ありがとうございます。


今日は、高校時代の同級生5人と、ランチをしました。
みんなで会うのは2年ぶりぐらいでしょうか。前回は子連れで会いました。
ホテルの29階という眺めの良い席で
中華料理を食べました。
それぞれが家庭があり、それぞれ子どもをかかえ
話題の中心は子育てです。
メインは、中3の不登校児をもつ母の報告で
その苦労も、少し解決へ向かっている様子で
みんなほっとしました。
それぞれの子どもの個性も、母の個性もそれぞれで
楽しいひと時を過ごせました。
会話のやり取りには、高校時代からかわらない雰囲気があり
その懐かしさもうれしいものです。

私の今日の感想としての
締めのことばは
やっぱり、パパがいてくれることへの感謝です。

毎日、朝から晩まで働くことはとても大変なこと。
今日来た友達の中には、今もフルタイムで働いている友達がいて
彼女はやっぱり、偉いなと思います。
でも、ご主人にたよりきらなくてもいい
自立できる強さも、うらやましくもあり、です。

自立できない私には、
結局、パパ似依存して生きていくしかないのですから
大事にして、当たり前のことです。
笑顔で、いってらっしゃい。お帰りなさいと、出迎えたいものです。
【2006/09/21 19:48】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(7)
よくばりな 私
きょうは愚痴ブログです。
子どものブログから来てくださった方
わざわざすみません。
愚痴ブログなんで、無理に読むことはないですよ。


子どもへの愚痴ではないです。
きょうはパパへの愚痴です。というか自分へのかな・・・


トワイライトで月1回の英語の教室を始めて
今度で4回目。
前回、しんが、ブッチしたこともあり、ちょっとナイーブなわたし。

パパは最初からこんな感じ
「はずかしくない?」
「ママが来るとみんなになんか言われない?」
「はずかしいよなー、いやだよなー」

ちょっとおちょけるように、ですけど。

きょうも夕飯時(早いでしょ?最近早いこともあります。いっしょに夕飯はめずらしいです。でも、子どもはマンガみながらです・・・)
「え?またやるの?」
「恥ずかしくなーい?」
と、また・・・

なんで、いつもそういうこと子どもに言うんだろうと思って
怒るというより悲しくなって
私はお風呂に入りました。

本人は自分が言ったことも覚えていません。
口をきいてやらないので、怒っていると思っているみたいですが。。


下手な英語なのに
こんなことをしようとしたこと自体図々しかったと
思うことはしばしばあります。

昨日も大学で英語を教えている先生方に会って、なんて私はずうずうしいと言うのかおこがましいというのか、身の程知らずというのか
と、開いた穴があったら入りたいくらいの気持ちになりました。
プロ中のプロの方にしてみれば
素人の私のやっていることなんて本と・・・


だけど、私の頭の中は、次の教室で何をやろうかとか
パソコンで紙芝居風に歌と絵を結び付けてみたい
とか、いろいろ浮かんできています。


今私は、自分の技量以上のことをやっていると思います。
でも、できないって思ってあきらめてはいないところがあって
今までの人生の中でたぶん一番がんばっているし
一番勉強していると思う。

いまさら、ってあきらめればそれまでだったけど
がんばってきて、今思いがけないチャンスと
経験と、喜びをもらって、本当に感謝している。
それと同じくらい、不安があるけれど・・・

できれば、今までずっとそうだったように
パパに応援してもらえれば、一番励みになるかな
と思うけど
わたしもいろいろ欲張りすぎているのかな。

肝心のパパをほったらかしではいけませんわね。
【2006/09/20 23:33】 | 父のこと | トラックバック(0) | コメント(7)
子どもの習い事
今日はプールの試験
      ↑子どものブログにリンクしてます。

子どもなりに、プレッシャーがある。

逃げたい。
休みたい。
辞めたい。

そういう感情わからなくもない。

うちのこどもたちの習い事は
ピアノ(年中から)
テニス(年長から)
水泳(1年生から)
の3つ。

テニスはあまり厳しくなくて、
辞めたいといったことはないけれど
今回の水泳、つい最近のピアノ
プレッシャーとの戦いがある。


親として、なぜ習い事をさせているかといえば

私は一番大きな理由は
自信をつけさせたい。ということかな、と思う。

ピアノは、練習が大変ではあるけれど、
苦労して1曲弾けるようになり、その繰り返しの中で
音符も読めるようになる。はず・・・(3年も続けているのに、未だに音符や拍数が理解できていないとはどういうこと(>_<)という感情はさておき・・・)
曲が弾けることで、また楽しみになる。
そういう小さな達成感の繰り返し。
できないこともできるようになるんだ。という経験。
本当は、純粋に音楽を楽しめればいいなーとは思うけど
苦労から生まれる楽しみみたいなものも感じて欲しいと思う。

それからテニス。
本当は、自分たちで、キャッチボールを朝から晩までする
それが男の子の遊びだと思っていた。
でも、ボール遊びがどうも苦手そうな二人。
(キャッチボールを二人でやったことないんです。理想とはちがうなー)
私自身が球技がとても苦手なので、
ボールになれさせたい。というのがテニスを始めた理由。
いつか野球部に入ったとき、ボールを見る目くらいは
やしなわれていないかなー
って、勝手な理想。野球部に入るかわからないのだけど・・・

水泳。
これは、体力を付けさせたいというのと、25メートルくらいは泳げるようになってほしい。ということ
25メートル泳げるという目標はクリアされているのだけど、
体力UPが今はその目的になっている。


最初に書いたように、本当は
何か自信をつけさせたいだけで
プールでなくてもテニスでなくても、ましてやピアノである必要もない。
本当は、本人がとても「すきだ」と思えるものに出会えるのが一番良いと思ってる。

夢中になれるものがみつかるといいなと・・・
できれば、早くに見つかるといいなと思ってしまっている。少し子どもに対しては欲張ってしまう・・・・自分を棚に上げておかないと励ますことはできない。

大人が思う子どもの未来の可能性。
子どもにとっては未来ってないのかもしれない。
自分の小さな経験が全てだと思っているのではないかと思う。私もそうだった。
でも、やっぱり、可能性がいっぱいの未来がある。どの子にも。
未来を明るく切り開く力。。
たくましく育って欲しいな。

【2006/09/17 01:01】 | 母の気持ち | トラックバック(0) | コメント(5)
気持ちをリセット
長い長い夏休みだった。

私の仕事は明日から。
なんと気楽な家業。。。??
いえいえ、毎日プレッシャーでつらーい夏休みでしたのよ。(~_~;)

昔から、夏休みの終わりに宿題をため
ドキドキ、心配なこの新学期。
心臓に悪い時期なのです(>_<)


昨日、高校時代の恩師と、
テレビ局に勤める(結婚しても出産しても、ずっと正社員でがんばっている!(^^)!)友達と3人でランチをした。

場所は、栄のラシックにあるイタリアンのお店。

栄に出ることももうめったにないが、たまに出ても
デパチカめぐりがセイゼイ。
ラシックは前に1度、3階くらいまでのぞいて、なんか私には場違いで
雰囲気を楽しむこともできず帰ってきた。

恩師は相変わらず若い。
今も大学で講師をして見える。
息子さんが29歳で娘さんが26歳になったそう。
私が高校時代、妹さんは保育園児だったように記憶している。
(歳がばれる(~_~;))
私たちは、あのころの先生の歳を当に越してしまって、
ということは
先生もお年を召されたということになるのだけど、
私たちよりも情報通で、いつも変わらず若々しい。

そんな先生に連れられて・・・まさに連れられてラシックへ行くことができた。

食事もおいしかったけど
話が止まらず、3時間くらいあっという間だった。

先生とこうして食事会をすることになったのは
前期のお疲れ様会をやろう、と誘ってもらった。
先生には、今回4月から始めた仕事にあたって
相談に乗ってもらった。先生の存在がなかったら
今回のこの仕事を乗り切れなかった。
半ば強引に先生を巻き込んだのだけど、
恩師は私にとって恩人になった。

先生は国語の先生なので
テレビ局に勤める友人の最先端の「ことば」に対する情報にとても興味津々。いつも目を輝かせその友人に質問を浴びせる。

その友人は夏休みもなく、普通のOL?お局さま?として
日々、朝から晩まで働いているのだなー。

私は、まだまだ夏休みモードのママモード。
ブログに載せている子どもたちの話題しかなく、友人は読者でいてくれているので、彼女にとっては、私の話は、聞いた話。
そう思うと、友人は私とあっても新鮮味がなかったかな?

私にとっては、久しぶりの刺激の時となり、
明日からの、仕事へ、気持ちを切り替える良いタイミングになった。

あわてて、昨夜、明日あさっての仕事の確認をした私。。。
今更焦っても・・・(~_~;)
【2006/09/10 09:09】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(10)
誕生日
今日は双子の誕生日。

昨日、誕生会をやりました。

というのも、
勝手に子どもたちが友達を集めていました。
DSをやりたかったに違いない。
反省点ばかりの誕生会で、夜にはダメだしだったんだけど・・・


ちゃんと、金曜日はピアノだからだめだとか
水曜日はダメだとかわかっていて、
「木曜日ぼくのうちへきて」
ってさそったみたい。こういうことするのはしん。

誕生日というと、お母さんたちが気を遣うし
そういうこと言ってないだろうね??
言ったに決まってる・・・

案の定、誕生会だったらと、メールがはいったり
ペンなどをプレゼントに持たせたり
何より、お金を持って何か買ってあげなくちゃ
ってプレッシャーに感じてる子までいた。

すったもんだの誕生会。

誕生日までには
プレゼントにDSを買ったり
やっぱりケーキは欲しいというので
雨の中、ケーキを買いに行った。自転車で。。。
総勢10名から12名になりそうということで
お菓子もどれだけいるの?
飲み物は

と買出しをして
ふと、われに返る・・・

私って、なんて幸せ。


確かにDS2台・・・イタイ(>_<)
ケーキも結局2個買って、また財布空っぽ(ToT)

でも、切り詰めてでも何でも、やってやれた。
こうして、祝ってやれる。。

なんてしあわせなんだろう。。。

そのまま子どもに話した。

でも、その前に。。。
話したいと思っているのに、
それとは裏腹に、まず、寝る準備をさせるのに
散々しかった。。。

寝る前にしんが
「カードある?」と言う。

そっか、毎年、お誕生日カードあげてたな。

もう、プレゼントもパーティーも終わったら忘れてた・・・・

と思って、今朝速攻で書きました。

朝起きて、机の上にある、カードを読んで

しんは、涙をためて感動してる。
なんてかわいいの\(◎o◎)/!
そこが、君を憎めないところなんだよねーー。


今日、あらためて感謝し、家族の健康と幸福を願う母でした・・・


しかーーし
なぜ?あなたたちは、今朝も、ちゃんと支度できないの???
怒りたくないと思ってずっと黙っていたけど
帰ってきたらまた、反省会でーーーす(-_-)/~~~ピシー!ピシー!^^;
【2006/09/08 10:11】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(4)
英語教室
月に1回、トワイライトにて英語教室の講師のボランティアをはじめて、今回が3回目。


前回の挨拶の復習をして


今日の歌のテーマは
朝の支度。

「This is away」という曲。

  wash my face
brush my teeth
comb my hair
put on my clothes
make a bed

これらのキーワードと絵の描いたものを貼って
最初にキーワードを説明して
リスニングと、動作をつけて歌いました。

でも、キーワードの説明はちょっと眠そうな子もいました。

次に
本の紹介。

今回は学研の図鑑「アメリカンライフ」を図書館で借りて
それを紹介しました。(図書館にある本なら、自分でも借りれます)
その中のアメリカの小学生の1日を紹介しました。
主に、朝の様子を紹介し、自分たちの朝の様子と変わらないこと
最初に歌った歌と関連するキーワードなどを紹介しました。

それからもう1冊図書館で
「えいごのえほん」
という、日本語と、簡単な挨拶などの英語が載った絵本があったので
それを読みました。

その時に、サクラザキヤックンって知ってます?
スケバンきょうこっていうのをやっている
色男のヤックンですけど・・・

その人が紙芝居をしながら観客に
じゃー
「赤頭巾はなんといったでしょうか」
と、赤頭巾役の女の子に答えさせるのですが、
それをめざして、
「では、ここでたすけてもらったぞうさんは何と言ったでしょうか」
などと、声をかけながら読み進めました。
返事をしてくれる子は決まっていましたが
4,5人が返事をしてくれるので
盛り上がりました。

ヤックンとは誰も気付かなかったともいます・・・^^;


最後に
Head sholders knees and toes
有名ですが、体の部位を確認しながら
Activityをしました。

大きい子達も一生懸命やってくれて
ゆうも一番これが楽しかったといっているので ← 佑の感想はこちら
最後に楽しくできたのでよかったと思います。



3回目にしてひとつの収穫がありました。

1番最初に
「Hello!!」
というと
「Hello!」
と返事が返ってきました。

びっくりして
「How are you?」
とたずねると
シーーーン
としていました。

前回少し話しましたが、
一応、「How are you?」に対し「How are you?」ではない
ということはわかったのかな???


でも、こうして、反応が返ってくることはうれしいことです。



さて、しんがまったく登場していない今回の英語教室。
実は、
「行きたくない」
と申しました・・・
ママが第1回目に
「Hollo! Everyone」
とやった超ドショッパツの一言がとってもインパクトがありすぎて
友達に笑われたというのです。
恥ずかしいから行きたくないと・・・


すっかり自信を無くしてしまいます
自信がないと、授業をしていても、ふと自信がなくなってきます。
考える暇もなかったのですが、
早く終わらせたいという意識がたっててしまいました
残念なことです。
続けようか真剣に悩みます。


でも、昨日もう一つ理由があったようです。
それは、好きな女の子がトワイライトに来ていたので
それで、自分のお母さんに対してどんなことを思うのか
居たたまれない心境だったようです。
彼女がどんな印象を持ってくれたのか
次回、しんは出席してくれるのか

1ヵ月後、またご報告します。
しんもいっしょに楽しんでくれることを期待して・・・
【2006/09/07 09:55】 | 英語教室 | トラックバック(0) | コメント(4)
防災訓練
昨日は学区の防災訓練でした。
本年度は、区の防災訓練がうちの学区で行なわれるということで
学校も本来なら1日にやる訓練を3日に行い、
(おかげで今日は子どもたち学校休みですよー(-_-))
学区上げての大掛かりな訓練となりました。


私は、子供会の役員ということで動員されました。
人が足りないので。
その前から、私たちは、総合訓練のときに、
私たち若手には大きな役が回ってくるらしい
と、脅され・・励まされ・・・うわさをされていたので
とても構えていました。

できれば遠巻きに観ておきたいという心理。
その時点で、防災に関して私の意識の低さがわかってしまいますね。

結局、私たち、若いチームは、4人で、毛布で担架を作り、そこにけが人を乗せて運ぶ係りとなりました。

1人のけが人を4人で持ちましたが、結構重いものだと感じました。
けが人の役の方が、見本のように、静かに目を閉じておられるので
本当に、大丈夫かな?という気持ちになりました。

運んだところで、救護班の役の方が
三角巾で、傷を手当。

その後、消火器訓練。

この辺までが素人の仕事でした。


女性会の方は、炊き出し班を作り、さすが、完璧。
(これは、我学区の人にだけ理解できる仕組みですね・・)


各教室では、ビデオや展示で
防災についてのコーナーがつくられていました。

消防団の放水訓練の後、

最後に消防車が3台入り、順に、その消防車の役割に応じた
訓練を見せてくださいました。


やはり、訓練に参加すると、防災意識は高まります。
東海地震は必ず来る。
ということで行なわれている訓練。
子どもたちと、もし、そのときには・・・
と話ができただけでも、有意義な1日になったと思います。


ただ、そのことを主人に話したけれど
また、主人の両親にもそれとなくは伝えたけれど、
話し合いにはなりませんでした。

積極的に訓練に参加している、お年を召した方は多いですが
うちは、あんまりそういうこと考えない家族で
私がいろいろ言えない。だからパパにって思って話しても
また、なんか感化されてきたナくらいにしか思ってないみたいで
いっしょに真剣に考えてくれない。
古い重ーい屋根の実家、すごく近いのに
いざというときには、一本向こうにある主人の実家が遠い気がする
もし、私が仕事に出かけていて、電車が止まったら
頼りになるのは、主人の両親。
でも、主人の両親自体、私たちが守る側の年齢。
ほんとに、考えなくっちゃ。ってわたしだけ?

とにかく、子どもたちには自分で自分を守ってもらうしかないな。

それから、もう一つ思ったのは、
周りとの協力が必要だということ。
そのためには、やはり、私自身が身も心も強くならないといけない
と、気合を入れなおしたのでありました。
【2006/09/04 08:14】 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(6)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。