スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
子どものやる気を引き出すために・・・
今週は学校開放週間でした。
月曜・安全教室
火曜・授業参観
水曜・観劇
木曜・授業参観
金曜・縦割り縄跳び大会
です。

月曜の安全教室では
高学年の代表委員の方が劇を見せてくれました。
不審者に
ついていかない
くるまにらない
おきな声をだして
ばやく逃げる
だれかにらせる。
いかのおすし
の合言葉を再確認する劇を2パターン演じました。

今日は授業参観でした。
わたしは廊下でうしろからゆうを前からしんをみようと思いました。
結局よく聞こえないし何をやっているのか把握するには難しく教室で半分半分じっくり見たほうがやっぱりよかったな、と思いました。
廊下では母の情報交換もあり参観なのか情報収集なのか(~_~;)



今日はその後、家庭教育セミナーが開かれ出席しました。

今回は校務主任の先生が講師でした。
演題は「やったー!できるようになったよ!」
   ~子どものやる気を引き出すために~

この先生は理科の先生で
いきなりティータイムです。
とおっしゃり、マローブルーというお花のハーブティーをくださいました。
レモンやガムシロを入れてください。

みなさん遠慮がちでしたが、ある方が入れてみると
なんとブルーがピンクにかわりました。

あーさすが理科の先生。
これはおもしろいなーと思いました。
学校には「うすべにあおい」という花がたくさんさいています。
それを乾燥させたものがこれです。よかったら帰りにお持ち帰りください。
とおっしゃり、緑になったり、ピンクになったりする実験を見せてくださいました。

そして、では今からスポーツタイムです。
公園を走りましょう。

え~~~

「2万円あげますよ」
「200万円なら走りますか?」

なんだか耳の痛い話になりそうだ・・・何と言っても今週の我が家、お金の与え方に問題があると悩んでいる最中・・・


Porter Lawlerの期待モデル
という図をもとに、子供のやる気についてのお話が始まった。


子供のやる気というのは
「報酬の価値」
それから
「その報酬が得られる確立」
それで大きく違うものである。

という話からはじまった。
では報酬とは何か

ここで出てくるのが
「内的報酬」
「外的報酬」
「知覚される公平報酬」
というものだそうだ。

うちは結局「外的報酬」に目をうばわれていて、子も子なら親も親やっぱり親に問題があるんだな~~~などと思いつつ・・・


大人はほとんど「内的報酬」で動くのだそうだ。
「内的報酬」というのは
自分の中の感情?。
100点をとって「うれしい」
れきしは「おもしろい」
マラソンは「気持ちがいい」
などと思う。
きっかけは大人側からみた
こうしたほうがいいよという「外的報酬」だったことが
本人の中に
「やった、できた」「かっこいい」「うれしい」
というお金や目に見える価値ではなく
よろこびという感情で「報酬」が得られるのである。

あーーほんとにそうだよね。
自分で思わなきゃ!!
わかってるわかってる
「ピアノやってみたら」
「絵習う?」
「塾行く?」
「剣道かなんか武道はやったほうがいいよ」

親に言われてやったって
続かないのだ・・・

でも、親やまわりの大人で子供はいくらでもがんばれる。

言い過ぎないこと!

時期が来た時(タイムリーに)こどもに支援、アドバイス、応援する

のだそうだ。


うんうん、それが失敗してきたということなのかな?
「タイムリーに」が大事だよね。そう思うわ。
余計なこと言ったり、言いすぎたりや
「だからあんたは~」みたいなことじゃーアドバイスでも支援でもないんだよねー(ーー;)

具体的な行動として私の中にピンときたわけではないけれど
我が家のお小遣い制度を真剣に考える時であり
剣道を続けるかどうかを判断しなければいけないときであり
私の小言をうっとうしがるようになった子供たちであり

楽しく良い話を聞かせていただいて
タイムリーにご支援いただいた気持ちだ。

今日は早速、持ち帰ったうすべにあおいので実験水をつくり
レモン ⇒ピンク
きれいきれいの石鹸⇒みどり
お酢 ⇒赤
ママの洗顔石鹸 ⇒薄ピンク
子供の歯磨き粉 ⇒かわらない
ママのトリートメント⇒かわらない
オロナミンc ⇒ 薄赤
などの実験をした。

きょうは穏やかに一日を終えることができた。

PTAのみなさまお疲れ様でした。
貴重な時間をありがとうございました。

子どものやる気を引き出せるよう
「見守」っていきます!
スポンサーサイト
【2007/06/21 23:11】 | 親学 | トラックバック(0) | コメント(8)
明日は仕事はしない!
ご無沙汰しています。
更新が滞っております。
かなりハードな毎日を過ごしています。
 
 先週は日曜日も家で仕事をしていました。
子供たちはパパにバッティングセンターとボーリングへ連れて行って もらいました。
パパが一人で1日ずーーっと子供と過ごすことはほとんどありません。
そういう場合は、ビデオを観せていたりしていましたから
連れ出すには長時間長距離で少々心配していたようでした。
さすがに3年生、楽しく過ごせたようでよかったです。

さてさて
忙しい忙しいのママでは子供たちも寂しい思いをしているかもしれません。そんな兆候を感じなくもありませんでした。
おりこうにしていないといけない。
ママは疲れている。忙しそうだ。
そう思っているようです。
子供たちの目標にお手伝いが出てきていることからも「ママを手伝いたい」という思いがあったのかもしれない、と感じています。

ゆうはとても敏感な子なので
私とのやりとりにかなりのストレスがありました。
それはお互い様だったと思います。
先週木曜日熱をだしました。幸い微熱でもう元気です。
私が原因ということかはわかりませんが
まずい状況になりかけていたことは間違いなかったと思います。

ゆっくり話をすることができました。
抱きしめてあげる時間を作ることができました。
ゆうとは今までも何度もこの繰り返しなのですが
私にゆとりがなくなっている証拠なのだと反省です。
とはいってもほんとに余裕がないのだからもうどうしようもないです(>_<)

さて、そんな木曜日の朝、
今日休んだらじっくり抱きしめてあげよう。
そう思っている自分と
ぜったいやらなくちゃいけない仕事をやりたい自分
両方がいました。

そんな時に
くるみさんのブログを開き
そうだよなー
やっぱり、今は先にゆうちゃんだよね(^_^)v
と思うことができました。

くるみさんは
今年からPTAの広報の委員長をされています。

PTAといえば、
MOONYさまといくえさま
ハニーさま
totempoleさま
みなさん学校は違いますが、貢献されていらっしゃいますね。
くるみさんのブログ訪問してみてくださいね。
くるみさんは前向きにPTAに取り組んでおられます。
いろんなことに真摯に向き合う方です。
私と似ていると思うところもあるのですが、
気力、体力、知力とも随分上にいる方のようです。
そんな方とこうして交流できるのもブログの魅力ですね。
totempoleさんとは息子さんが同い年ですし
野球の話題など共通することが多いように感じています。
くるみさんにとってtotempoleさんが癒しになるかなー
なんて勝手に想像したりもしています。
みんなで広げよう友達の輪!
ではありませんが、私はくるみさんのブログからいろんな気付きをいただきいつも反省させられて帰ってきます。

話はあっちこっち飛んでいますが
PTAの話から役の話ですが・・
私は今度日曜日、子供会で中津川へ行きます。
というのは研修会で現地視察です。
名古屋市全区から数名ずつ集まりでかけるのです。
その代表といえば代表ですが、行く人がいないのです。

私も今、いっぱいいっぱいの毎日日曜日だって仕事をしなければいけない日が続いています。何とか調整してその日は行かなければ行けません。もちろん子供もパパも置いていかなければいけません。
そんなことに疑問を感じつつ、いけば得るものがあるかな??
まだまだ、くるみさんの境地には遠い私です。

さて、そんなこんなの私。
明日は、絶対仕事をしない!いつものように主人の両親と出かけます。
迷っていましたが、子供はママと行きたいと言ってくれますし、休むことも大事!
ということで、今日、めいっぱいがんばりました。
明日は遊びに行ってきます(*^^)v


それでは、またそのご報告をいつか(^_^)/~
【2007/06/17 00:35】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(10)
気付いたら負け?
若いころは、いろいろといろんなことに気を遣ったと思う。

服装とか化粧とかの見た目じゃーないですよ。
人に対してです。

じゃー今は?
というと、「めんどくさい」と見てみぬふりをしてしまったり、忙しさに紛れてしまったり、本当に疲れていたり・・・

昨日の剣道でのこと

初めて面や胴の防具をつける練習をさせてもらっていました。
  私はいつも終りがけに迎えに行っています。
  本当は観ていてあげたいけど
  水、金は朝7時から3時まで仕事に行っているため、
  やることがたくさんあるのです。(言い訳(~_~;))
それで、先生は厳しいほうの先生。
片付け方を説明しています。

まだちょうちょ結びがうまくできない子ばかりなので
それは仕方のないこと、
「今日は先生が片付けておくからいいです」
ということで最後の挨拶をしました。

(あれだけの防具先生がすべてチェックするのも大変だな
 誰か助手の人が手伝うのかしら?)

子供たちが竹刀を片付けているのを手伝って
ふと気がつくと
他のお母さんが3人ほど先生にしまい方の説明をうけているのです。

(えー?そういうことなの~)

道場に下りて正座をして、見よう見まねに縛りました。
2つです。2人分おいてありました(>_<)
先生は
「まー、3回くらいやれば覚えるでしょう」
(あーそうなのね、私がこれから片付けるということね)
と思いました。


私は体育会系ではないけれど、割と気が利くほうだったと思います。周りの人に気を遣うほうだったと思うのです。

でも、本来はそういう性格じゃなかったのか
もっとよく体や気が動く人が私の周りには多くいたり
はたまたまったく気付かない子ばかりだったりで
(まーいいか)という感情や
(気付いたらまけ)という感情さえも持ったことがあるくらい、いろんなことに無頓着になってしまったような気がします。

ふと振り返ると
家の中では自分が気付いたことを気づいた時にやるのだけど、やり切れていないことも多くあって、まーいいやまーいいやと過ごしていることがたくさんあります。

そうしないとできなかったのだから仕方ないのだけど

たとえば子ども会の役員の仕事でも、
(言われたことだけやっておけばいい)
とか
保育園の役員をやっていたときも
(役員をお願いされて受けているのだから、保育園への義理は返した)
などと
なんだかそこに自分の思いはあまりなかったように思ったのです。
へたをしたら
やってやってる!
というくらいタカピーな感情があったのじゃないかと振り返りました。


昨日の剣道の防具を片付けに行ったお母さんたちは
既にお兄ちゃんたちが剣道を習っています。
いろんな流れをよく理解していると思います。

それでも、昔の私なら何も考えずさっさと降りて防具を片付けるのを手伝ったのじゃないかと思うのだけど。。

剣道を続けるには
クラブチームに入らなければならず
親はそのお世話係として役が回ってくると聞いていました。
今からそれを心配していた自分がちょっと情けないと思いました。

実際時間がない。要領も悪いしいっぱいいっぱいの毎日。

でも、私は昨日貴重な気付きをさせてもらいました。


あたり前の気付きくらいできないとしたら、私って恥ずかしいなと思ったのです。

先生に片づけをさせることに疑問を持たなかったり
大変そうだなと思うのに手伝わなかったり

気付いたら負けということはやっぱりないな。
気付けることって大事なことだと思いました。

礼に始まり礼に終る。
の教えから始まり、
私自身が学ばせてもらうことが多々あることに気付いて感謝したいと思います。

【2007/06/02 12:17】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(12)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。