スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ほめて育てる?
最近、渦の中でもがいている記事が多いのですが
そんなときに私に勇気をくれる記事にであいましたので
今日はそれを紹介します。

ご存知ハニー様です。

9月12日付けの記事に
発達支援者として~褒めるか?勇気付けるか? 」というものがありました。
  ↑
 リンク

「 『褒める』 ことは、一般的に理想100に対して80%ぐらいは達していないと出来ない行為ですが、『勇気付ける』 ことは、たとえば30%位の到達度であっても出来る。」

いつも
しんはおしりをたたいて育てても大丈夫だけど
ゆうには褒めてやらないと
と思いながらも
しんよりやることの遅いゆうに
なんと褒めて良いやら
と思い悩んでいたものです。
それは80%以上、私が満足できていないからしてやれなかったのだとわかりました。
30%くらいでも「勇気付ける」ことはできる
というのは
あーこれならできる!
たしかに、そういう態度ならばとってきたと思います。自覚はありませんでしたが。褒めなきゃ褒めなきゃっておもっていたので、できていないと思っていたのです。


たくさん応援してあげたい!!って思いました。

昨日の記事で
「できるわけない」って決め付けちゃいけない
ということを書きましたが

それを行動するのに、「勇気付ける」というのはキーワードだと思いました。

タイムリーに私自身が勇気付けられた記事でした。!!

スポンサーサイト
【2007/09/14 17:19】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(5)
寄り添うということ・・・
ゆうとの関係がギクシャクして、かなりまずいなーと思い始めて数日がたつ。
それでブログに記事にして、自分と向き合ってみた。
やっぱり、私に問題があるなーと思うようになっている。

余裕がないのだと思う。

夏休み前も慌しくて、忙しくて、自分のことで精一杯で、子供に気持ちが向かなかった。臨床心理学の講座を受けている最中で、自分を省みてはつらくなった。でも、現実の世界では、やはりゆっくりじっくり子供と向き合う時間がなかった。
夏休みに入り、子供中心の毎日になり、寄り添うというのかべったりというのかの毎日だった。

そうすると、わりと穏やかな毎日で、いまみたいにトゲトゲした空気はなかったと思う。
いまトゲトゲした空気だと子供たちに対して感じるのは、私が子供にトゲトゲした空気を出しているのだと思う。

ブログで記事にして、少し冷静になったこともあり、
昨日は、短い時間ではあるけど、じっくり見てみた。
いつもと同じ時間の流れ、剣道もあったし、私も帰宅が遅かったし、本当にかかわる時間は少なかった。
でも、とにかく、「待ち」の体制で見ながら、自分のやること(洗濯や食器の片付けなど)をしていた。


声をかけないわけにはいかないけど、自分でやるまで(たとえば、宿題とか、着替えとか、食事など)できるだけ待っていつもより、少しだけ、声をかける回数はへったかな。
半分、しかたないとあきらめて、ほかっておいたという面もあった。


トゲトゲしている子供たちもつらいのかもしれない。


そう思うと、やっぱり何とかしなくちゃいけないし、私自身が感情に振り回されている場合じゃないな、と思えてきた。

なかなか簡単じゃない。けど、簡単なのかもしれない。。

関係をよくしたい。
子供たちに余裕を持って接したい。

子供に寄り添って・・・

そういう言葉を良く聞くけど、どういうことだろう・・・


相手を思いやること
相手の立場にたってみること

そうすると自分がどう寄り添えばいいのか、わかるのかもしれない。



もう一つ、このブログをみて、メールをくださった方がいる。臨床心理学で知り合った、先輩ママさんだ。私があの講座を続けられた影のサポーター^^;です。
その方が
「できないと決め付けないほうが良いよ」
とメールしてくださった。他にもいろいろアドバイスくださった。
これは、最近のゆうとのやりとりで気づいていたことだった。


先日、「おれ、プロ野球選手になろうかなー」
とゆうが言った。
うそー!まさか
「ほんとにソウ思うなら、明日から毎朝走らないかんじゃん!」
「上のこうちゃんも、~ちゃんも、~ちゃんもみんな夏休み走っていたし、今日もこうちゃんは、朝の5時から走っていたよ」


余計なことだ・・心の中で思っていた。

友達と話していて、本当は違うことをいってやらないかんと思っているのに、こんなことしか出てこんかった
と話しながら

「そうなのー、ママたのしみだわー」

こう言わないかんかったんだねー

なんて反省をしたばかりだった。
なのに、なのに、
バッドを買ってもらったゆうに

なんで、そんないいバッドを買ってもらったのに、すぐに素振りくらい自分から進んでいかないんだろう?って思っていた。
今回はさすがに口にはださなかったものの、喜んでやれなかった。
どうせ野球部に入ったって選手になれるかどうかもわからないのに・・・

と思ってしまっていた。

信じなければ慰めたり励ましたりすることもできない。可能性を広げてやることもできない。

やりたいことを見つけてほしい

なんていいながら、それをつぶしかねない親であること。

やっぱりなんとかしなくちゃな。。


そこまで、先輩ママさんには見抜かれているのかなー。その一言が一番今の私には効きました!ありがとうございます。
【2007/09/13 09:22】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(1)
双子は9歳になりました
双子は9歳になりました。

ゆう

しん


誕生日の記事は⇒子供のブログ


さて、誕生日前日、子供のブログに書いたのですが、ゆうとケンカというのかまーもめました。ゆうの気持ちを理解したつもりでいた私です。

その夜、パパが2時半帰宅ということもあり(言い訳ですが)、
翌朝、私が寝坊をしてしまいました。
おきたら7時半。

土曜日はプール。8時半にバスが迎えに来るので8時25分に出なければいけません。

「ねぼうしたー」
とみんなをおこし、パパのおにぎりと子供たちにもおにぎりでいいやということで作りながら、まだおきない3人を起こします。
おきてきた子供たちは7時45分
テレビをつけました。
いつも見ている遊戯王です。
7時50分ごろで終わるし、言ってもきいてもらえないので、自分のしたくをしました。

この日は野球観戦にそのまま出かけたいので、私も一緒にプールについていく予定でした。

流しを片付けたり、自分の支度をしたりして、気づくと、まだゆうは何もせずにごろごろしていました。

今8時5分だよ。何時にでればいい?
8時10分?
8時15分?

わかっていないのです。
8時25分でいいよ。
後何分ある?

20分。

その間にやることわかってる?

え?
ボーっとしています。

食事して、着替えて、今日持っていく荷物を持っていかなきゃいけないんだよ。


うん。


そのご、また私は自分のことをしていて、
ふと、そういえば
しんはどこ?


トイレでした。

でも、長い・・・

まさか

扉を開けようとすると鍵がかかっています。

あけなさーい!!(ー_ー)!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/



もう!今日はDS持っていってだめだからね!!
おばあちゃんたちのお金でソフトを買うのもだめだよ!!!


もうしんはたじたじ、逆らうこともできません。

そのご、ゆうは
お前のせいで、DSができんくなったし、ソフトが買えなくなった

ということで、どうもケンカをしていたようなのです。

ゆうは怒ってあばれていて、

結局、はだかのままで、ご飯もたべおわらず、何もしていないのです。


きょうは、出かけなくちゃいけないし、しんにムカツクのはわかるけど、やらないとだめだよ!


というと、私にまで頭にきて、動こうとしません。


だけど、バスが行ってしまうのです!!


何度も声をかけてもだめでした。


ものすごい勢いで私が怒ることになりました。
その感情は

なんでわからないのー!!!



結局ゆうを待っている間に、自分の支度ができました。
そしてゆうもなんとか用意ができ
走ったら、なんとバスが遅れていて間に合いました。


途中、ゆうは

ぼくが悪いの?

といいます。
私の感情はおさまりません。


プールが終わっても私は納得できない。
ゲームのソフトを買ってからというもの、時間を守らないし、
今朝の二人の行動は、わかっていなさすぎ!!

ずっと私に言われっぱなしでいいの?という心境。


ということで、
反省会です。

二人がママを納得させるまで、野球にはいかない!

といいました。

まず、一人ずつ、何が悪かったか

ゆうはどうしてもケンカになります。
あーいえばこういうという形です。

しんは、まずねーっと
5つつくらい自分の悪かったことをいってきます。
本質がわかっていないのは同じで、

限られた時間内に、やるべきことがわかっていない

ということになるのかな?


それで、
9歳の誓いをしてください!

ということで一人ずつ、その間は離れていて、相手の誓いは聞こえないようにします。


ゆうは、
目標時間を10分早くする
ということを言いました。
こういう言葉ではもちろんでてこなかったんだけど、

じゃーどうするの?
ときいたら、そういうことになりました。

すごく良く考えていて、自分の弱いところも良くわかっているとわかり、拍手をしました。


さあ、ゆうはママに拍手してもらったけど
しんは?

ゲームはママにあずけて
算数パズルと漢字をやらなかったらその日はゲームはできないということでいいよ。

どちらか一つで30分
両方やれば1時間もゲームができます。
タイムリミットは6時。これも自分で言ってきました。

ということになりました。


翌日から、しんは、朝から算数パズルをやるようになりました。
そういう駆け引きが得意なのです。

ゆうは、早速昨日、起きることができたのですが、
いまひとつからだが動かないようで、できないことがあり、怒っていました。
けさは、とうとう、おきれなくて
さらには、わたしに起こし方が悪い!
という始末で、結局私とぎくしゃくしてしまい、朝からなんとも気分の悪い始まりとなってしまいました。


ゆうのことでは、ここ数日こんなやり取りがつづき、何か歯車がくずれているというのか、きっと私に問題があるのだろうけど、感情がおさまらない。というところでうまくいっていません。


こうして色々書いているうちに整理できないかな
と思っていたのですが、少しわかってきました。


やっぱり
わたしが
ゆうに
何かを求めているのだと思います。

自分で、おきるといったのだからおきなさいよ!
とか、
自分がほしいバットを7千円もして買ってもらったんだから素振りくらいしなさいよ!
など・・・・


相手の素直な喜びや、怒りや、悲しみを
私の感情で受け止めて、そのままゆうの感情として受け止めてやれていない


これが、私とゆうのトラブルの元だと思います。


今日は、心から抱きしめてあげられるかな・・・
【2007/09/11 09:28】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(5)
無駄なことは何もない!
やっと、やっと動き出した。

夏休み前に起きた学校でのパソコンによるトラブル。

夏休み中に解決してほしくて、アラームをあげたけど、何も変わらなかった。

夏休み中、私自身の課題としてトラブルシューティングに取り組んだ。

現象、原因、対策

という形でまとめ夏休み明けには回復させたいと掛け合った。

費用や運用にかかわる話になると、私のような非常勤講師の口を出すことではない。もう後は任せるしかない。


夏休み明け、何かが変わっていないかと期待した。

状況は変わっていなかった。


わけをわかっているのかわかっていないのか、怒りをぶつける先生がいた。


やっと動きだすようだ。学長がGOを出したらしい。
そして、

「K先生(わたしのこと)ありがとう。K先生が動いてくれたおかげでやっと動き出したよ。まだまだこれからだけどね」

と言われた。
もう一人強い味方の先生が現れ、私がこんなにがんばっていたとは知らなかった。今度はぼくが動くからね。と、本当に次元の違うサポートをしてくださることになった。



私自身、自分の行動が正しいのかわからず、ただ自分の勉強をしているだけだった。自分の力量ももちろんわかっているし、自分ひとりの力でどうにかしようなんて思ってもいない。

私の力は足りなくて、及ばなくて結局、何も解決をすることはできない。ただ、問題提起をしただけなのかもしれない。

夏休みの半分はその対応に追われた。でもそれは私自身の勉強。
いったん味方ができたと思ったけれど、担当外、ということで協力者がいなくなり、一人で組織と向き合うのかという状況は結構つらかった。


でも、このままでいいはずがない。私が「おかしい」と最初に思った感覚は間違っていない。どこかで自分を信じていて、調査をして、講座をうけて、裏付けを取り、資料にした。
紙にして出さないと動いてもらえないと思った。

結果、間違ってはいなかった。
一度に強い味方が集まってくれた。

きっとうまくいく。

週の初め、努力が報われないことに少しがっかりした。やっぱり自分の力不足を感じた。誰かに認められたくてしたわけじゃない。おかしいものはおかしい!のに、自分が間違っているのかとさえ思えてくる。

でも、そんな時なんとなく考えていた。
「無駄なことは何もない。」と。
私自身が費やした時間は私自身の勉強になったし、学生に教材としてトラブルシューティングの授業の重要性を伝えるいいきっかけになったし、私の得たものは大きい。がんばった甲斐はぜったいあった。
そうなぐさめていた。


ほんとに、無駄なことはなかった。
むしろ、がんばればやっぱり報われる。
信じたことはつらぬこう!
強くなれた気さえする。
【2007/09/08 00:12】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(6)
新学期
今朝、子供たちが出かけました。

すでに、学校が始まっている地区もあると思いますが、名古屋では今日から2学期です。

私も今日から仕事です。
私が行っている学校は、前期の残りの授業が9月にあります。

最近では、夏休み前に前期の授業が終了し、9月いっぱいお休みという大学も多いようですが、うちは、まだ残っています。
昨年は、9月の半ばからでしたが、今年は、子供の始業式と同じ日になってしまいました。


久しぶりの仕事ですので、少し緊張しています。
夏休みに課題となったトラブルシューティングについて、せっかくの機会なので、学生に伝えたいと思ってまとめています。
でも、まだ、学校の対応がはっきり決まっていない部分もあるため、やはりまだ未解決の状態で、この日となってしまいました。


前期の授業の残りですので、週1回の授業ではあと3回、週2回の授業はあと5回です。
これについては、大体準備完了していますので、なんとかなるかと思っています。

今は、すでに後期の授業の準備に入っています。


こうして、仕事に、気持ちを切り替えていくと、やはり、子供との距離感が難しくなってきます。
夏休み、ママにべったりの日々を過ごしてきているので、本当に敏感です。というのか、私自身がコントロールできなくなっているのかもしれません。昨日は、結局、ずっとゆうとうまくいかなかった。。。

仕事は楽しいけど、子供との距離感が難しい。
このコントロールがうまくできると、私も子供も楽になっていくのではないか、そんなことを夜中に考えていました。


あれこれ口を出しすぎず、子供に任せる。
そろそろそういうことが実際に可能になる年齢。

慌しい日々が始まり、日々流されてしまいがちだけれど、ちゃんと子供のことをみていてあげられるように、自分自身に余裕を持たせたい。


新たな誓いを立てて、今日からまたがんばります。
行ってきます。
【2007/09/03 09:18】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(6)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。