スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
PTA
今週の日曜日、
名古屋市のPTA創立60周年記念式典が行われました

今年、我が校の母代さん(副会長ですね)
区の役もやっております。


こういう、役が、学区順番制で回っていることもしりませんでしたよ~~


で、他の学校もそうかはしりませんが、
名古屋市はたいてい、教頭先生がPTAの担当のようですね。

我が校の教頭先生はとても合理的な人です。
というのか、
やりたくない母親が多い、言葉が悪いかな?
「お忙しいお母様方が多いので」
「私がやれることはやっておきましょう」
というスタンスらしい。


それでも母代でなければいけない仕事は多くあり、
Moony母代さんは忙しい。

今までなら、母代がすべて引き受けていた仕事を、
広く役員に分担させよう。

ということで、少しの1部の仕事だけ、全員が分担して受けることになりました。


私は日にちの都合上、これをとって今回の出席となりました。
特に成人部部長だからいけと言われたわけではありません。


で、今回は地域のパトロールの日と重なり
PTA幹部はそちらへ。
幹部が出席していない学校ってうちぐらい???
かもね。でも、特に問題はないのかな?


さて、前置き長いですが、あいかわらず
そんなこんなで出かけた式典です。

プログラムは、

<創立60周年式典>
 開会の言葉
 国歌斉唱
 主催者挨拶
 感謝状贈呈
 来賓祝辞(市長など)
 閉式の言葉
<実践発表>
 3校の実践発表。
 パワーポイントを駆使した中々のすぐれもの
 ・1校めは私の母校。
  お父さんたちで発足した「オヤジの会」の活動報告
 ・2校めは名古屋の東のほうのがっこうで
  1年間に500名中100世帯が1年間に出入りがあるという
  転出の多い学校が
  1年間にテーマ(食育)を設けて実践された1年間の報告
 ・3校めは2校めとは対する方角に位置する学校で
  内容も対照的、
  地域の方の協力の下におこなわれている、稲作の報告
<創立60周年記念講演>
 ダニエルカールさんがおこしになりました。


私がここでポイントと感じたキーワードは次の4つです。

「親学」
 名古屋では、「親学」をテーマに取り組みをされてきていて
 今年のPTAのセミナーでもそれを主テーマに講座を考える
 とされています。
 学びから実践へと移行していると話がありました。

「父親の存在」
 実践例1でもあったように、父親が楽しんで参加することで
 地域が一つになっていき
 活動4年目ということで、「継続」することでその活動の和が広がっていることがすばらしいと感じました。

「1年間のテーマ」
 実践例2の学校の紹介はとても興味深いものでした。
 テーマを決め、広報と成人が連携して展開していく。
 他の学校ではみなさんが創意工夫され実践されていることをしりました。

「タイムマネージメント」
 ダニエルカールさんのお話。
 何が大事か、そのために忙しい時間を自分で工夫して管理するか
 家族との時間をもつために。



少し長かった・・これは疲れましたが、
私なりにいろんな気付きがあり、ありがたい時間でした。
本来ならば、その気付きをPTAに持ち帰り
母代さんや、教頭先生にご報告もうしあげるべきこと
そして、次の活動へつなげていく
ということでしょうね。

でも、我が校は、余計なことはしない・・・・
そのほうが無難なようです。

それでも、私は、こんな報告書を、教頭先生に出そうと思っています。
やっぱ余計なことだろうか・・・


そうそう、もう一つ気付いたこと
舞台で司会進行したり、代表をしている人たちはどうやって決めているの?
どうみても普通のお母さんだ。

きっと、当番校なんだろうな
って、思った。
そんな順番があること知らないよね。ほとんどのお母さん。


スポンサーサイト
【2008/06/18 16:12】 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(7)
パソコンで気持ちを整理すること
私は、特に、ここのブログでは
「自分」と向き合う
ということが隠れテーマというのか
そういう存在だ。

子供が1年生になるころに、自分の子育ての間違いに気がついて
なんとかこれからやっていけると思った。
このブログでは先輩ママとして
双子育てで悩むお母さんたちの励ましができたらいいな
なんて思っていた

でも、実際には毎日反省は続きまだまだ
先輩ママなんていえない自分だった。


子供を理解して、子供を認めたい

そういう強い思いがはじまり

その次に自分を責めるということになった

子供を認めるには
自分を認めないとすすめない。

ここから自分と向き合う

ということが始ったように思う。

それで自分と向き合うのに
このブログで、記事を書く
ということをしながら
あーでもない、こーでもないと
自分自身をふりかえり、自分を受け入れてきたように思う。

ブログをはじめて2年以上が過ぎて
そんなことを考えていた。


みなさんはどう捕らえていらっしゃるかわからないけど
私はぐちっぽい記事が多い。特に最初のころはそんなことばかり。
でも、ちゃんとさいごは、がんばろう
って思う。そういう記事にしたつもりでいる。

それは、自分が前に進むために書いているから。


今騒がれている、東京でおきたとんでもない事件。
今日の新聞には
掲示板への書き込みなど、
多くの紙面をかざっていた。
中日新聞の1面の「中日春秋」には
メールではなく掲示板
「『誰でも』読めるメッセージとは
 つまり、確かに伝わる『誰か』を持たない
 メッセージにすぎない。
 犯行自体も同じなのではないか。
 つまり、男は殺すべき『誰か』さえ持ち得なかった」
とあった。

私はブログで記事をかいて、
自分の気持ちが明確になる
何度も読み返し強い気持ちとして植えつけられる。

そういうことを感じていた。

それは良い意味で。

私は真剣にこの場にいるし、
できれば、その画面の向こうにいる人にも
前に進んでもらいたいって思ってる。


犯人の心理なんて知らないけど、
こうした「書き込み」
と言う作業が、彼の気持ちを固くさせる何か作用としてはたらいたんじゃないかな???

そんなことを感じた。


ますます、これから、人に伝えることを意識して記事を書いていきたいなって思う。
相手も良い気持ちになれるようにしなくちゃいけないよな。って。

皆様、いつもあたたかいコメントをありがとうございます。
【2008/06/11 02:46】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(8)
ゆるすということ Part3→親切な愛へ
「ゆるす愛」について考えて反省をして・・
それでも
「ゆるせない」
と言うこともあって。

昨年1年、臨床心理学とコーチングを続けて勉強して疑問に思ったことがある。

欲求には5段階とか発達の段階とかでいろいろ論があるようなんだけど
その「欲求」の中で
満たされないものがあるとき

その「欲求」を満たそうと、その段階に戻ることがある

ということが共通にあった。


特に発達段階において、
赤ちゃんのころの親との信頼関係が大事で
そこの欲求が確立していないと
最終的な自立にたどりつくのに、問題が起こる
という話があった。

欲求や達成していく段階というのは死ぬまであって、
その欲求を満たせないことへの問題は死ぬまで起こりうる。??


それで、その満たされない欲求があったとしたら
「後になって」それがわかる。
といわれた。

「後になって」失敗がわかったとしても困るじゃない!!

と私は思った。

小さいときの失敗が後になって出てこられても
そこに戻ることはできないじゃない!って

コーチングでは
「あるきっかけ」でその段階に急速に立ち戻る
ことがある。

と言われた。だから、それが出ない人もいるし、出た場合
どこまで欲求がもどっているか

もしも、子供が赤ちゃんのころの満足できない欲求があり
親とのスキンシップをもとめれば、
高校生になっても一緒に布団にはいったりして
その子の欲求を満たすことで
そのときの満足できなかったことを解決して
前に進める


そんな話をきいた。

「ゆるす愛」というのは
そうした立ち戻ってしまった欲求があったとき
すごく役に立つ愛だと思う。

それで、問題と思われる行動に対し、「ゆるす」ということで自分自身が楽になるように感じている。


ただ、それが、子供の欲求でないのに、ゆるしていいのかな?
ちょっとだけ疑問に思えてきた今日この頃(^_^;)

子供の欲求段階がどこにあるのかとか
心理学者なら分かるかもしれないけど
そこまで考えて子供をそだててられないから
結局は、そんなことが後で起こったとしても
私はあなたをあいしているんだよ
と大きく受け止められれば乗り越えられるのかな。


まだまだ先は長いけど・・・試行錯誤は続く・・・



この本の中で「ゆるす愛」ともう一つ

「親切の愛」

と言うものもあった

①子供の言ってほしいことを言う
②子供のしてほしいことをする
③子供の言ってほしくないことをいわない
④子供の嫌なことを取り除く


私が疑問に思っていたことがもう一つあった。

行動が遅い子供。
時間がかかっても靴を履くまでまってあげましょう。
自分で支度ができるように。

これは、子供がやりたい!
という時に有効なことだと思う。

子供がやりたくないのに、時間がかかる子だと思ってイライラまっていても
やって
といって足を突き出す子供に
そんなこと自分でやりなさい。
そのくらいできるでしょ

もう、4ねんせいなんだから、こんなことできてもあたりまえ!!

と、何もかも仕事を切り分けると言うことにたいして
私は少し疑問に思っていた。


もうずいぶん手はかからなくなったけど
もう小学生なんだから、このくらい他の子はやっているのに
なんでうちの子は手がかかるんだろう

これも何度も思ってきたけど
ティッシュを差し出してあげたり、間に合わなければ間に合うように手伝ってあげることは、
一緒にそばにいて気付いたのだから
自然にやってあげることだと思う。
自分はただみているだけで、イライラとプレッシャーをかけるなら
手伝ってあげる「親切」ってあると思う。

と、疑問に思ったことがある。

親が親切にしないで、子供が友達に親切にすることってできないんじゃないかな?って
普通ならそっと手を貸すことも、子供には最後まで自分の仕事みたいにしてきたことがあったように思う。


それで「親切な愛」
ということばは私には、すんなり入ってきて

八方美人な私が外では誰にでも優しくできるのに
身近な大事な人にそうしていたのかな?って少し考えている。

身近な大事な人にこそ大事な扱いをしたいな。って。

ただ、その親の「親切」
感謝する心がない子には、何にも伝わらないんじゃないかな

とも思ったりして・・・(^_^;)


だけどね。親切にされた子供は親切な子になるそうです。
感謝する心がない子だと思うということは、やっぱりその子に私は親切にしてきていないのかもしれません。。<やっぱり>ね。
【2008/06/07 15:52】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(4)
わたしにパワーをくれた人
もうずいぶん前のことになってしまう。
5月の半ばに、家庭訪問があった。

ゆうは昨年と同じ、孫もいるという大ベテランの女の先生。
女の先生ではあるけれど、男っぽいところもあり、スパスパっと用件だけ伝えて帰る。と言う人。
自分で伝えるべきことを準備して、ほとんど一方的にしゃべっている。

ベテランなので、任せておけば心配ないかな。と思う。

しんは、今年どこから来たんだろう?とうわさになった、新任の男の先生。
新任?の割には年を取っている30半ば?
緑区の学校から来ました。
って?普通は新聞に載るのに、載っていなかった。

他の先生に聞いたところによると、講師の先生だそう。
産休の代わりなどでは途中で変わられることも考えられるが
とりあえず1年間いてくれるらしい。
ただ、1年後はたぶん100%・99%異動されてしまう。



先生に初めて会ったのは4月の授業参観。
道徳の授業だった。
パワーポイントを使って、命のつながりを考える授業。
クイズ形式になっていて見ている大人も楽しめた。(私は途中で2組へぬけちゃったのだけど)
その後の懇談会ももりあがっていた。
私は、隣のクラスの学級委員のため出席できなかったが、友達が、いい先生だと言っていた。


4月当初から、授業に入る様子がない
自分の経歴やお話の時間が多い。
宿題は出ない。
となりのゆうのクラスと比べると、勉強面では差がある感じがしていた。


先生が漢字のドリルは家で自分でやるものだ
というと
子供たちが、今までは学校で先生がやってくれた
それが学校の常識だ
と言ったそうだ。これはしんが率先していってたらしく
しんには、それは、先生の方針を理解していない自分たちの常識がおかしいよ
と話したことがあった。


この子達は1年生からしっかり宿題でしごいてもらっていましたので
宿題は出さないのですか?
と聞くと

明日、漢ドのテストをする
といえば、それを勉強してくるのがほんとうだ。
なのに、ほとんど誰も勉強をしてこなかった。
おれは、宿題
といって出すのが好きじゃない!
放課を使うなど、自分の時間は自分で管理するべきだ。
というようなことをおっしゃっていた。


どういう話の流れだったかもう時間が経ちすぎて余り覚えていないのだけど
とにかく、長時間先生はうちにいた。
中に入ってもらうとよかったのだけど、玄関先でいいです。
とおっしゃるので、かえって時計がなくて長くなってしまった。
うちが最後だとおっしゃったので、私もつい時間を忘れて話していた。

長くなったということは楽しかったから。

先生は、最初に
「国語の聞く力」をみがいてやってください。
おっしゃった。

それには
「会話」が大事です。

と。

それで、どうやって勉強をしていったらいいか
「お母さんがつづかないんじゃーだめなんだ」
とか、つっこまれながら

将来的に、子供がいい方向に進むように

という観点で話ができて、すごく楽しいし、たくさん勇気付けられた。


少し前に、子供たちが5年生ともめた話を聞いていたが私は何もしてやれなかった。
ただ聞くことしかできなかったし、何もアクションしなかった。
先生は、その前の家庭訪問で誰かの親に聞き
その日、5年生に話をしにいった。
と言ってきた。

どうしてその話になったのかはわからない。
私からは5年生の話はするつもりはなかったし、言ってもしょうがない
って思っていたから。

それで、なんだか少しうれしい気持ちになった。
問題がある
と思ったとき、すぐに行動してくれる人だ!
と思ったからだ。

先生は、一つ反省していることがある。といった。
今までの経緯とか何もきかず、その話を聞いてすぐに動いてしまったこと。
とおっしゃった。

だから、私がこれまで見てきた5年生の印象を話した。

すごく頼りになる気がしてきて
4年生の間でずっとくすぶっている「仲間はずれ」のこと
去年、担任に話をしたが、なんとも頼りない対応で終わってしまったので
私もあきらめていたけど
「聞いてますか?」
と聞いてみた。
そしたら、聞いているとおっしゃり、自分なりにいろいろ動いていると言うことを話してくれた。


それでも実はとっても根が深く、長い間の話だと言うことを知り、先生はショックを受けていた。


「あきらめちゃだめだ」
「大人が見本を見せなくちゃだめだ」
「もしもいじめがあるならば、授業なんてしている場合じゃない。おれは絶対ゆるさない」

強くて熱い先生で、楽しく有意義な時間はあっという間に過ぎていった。



今までの担任は、1,2年は本当にいい先生方で、よくやってもらったと言う印象がある。
3年はちょっとたよりない先生だったなとは思うけど、十分だった。

それでも、仲間はずれの子の件については
どの先生も、何度か問題と認識していたはずだけれど
先生たちは家庭にまではふみこめないし、結局先生の枠以上のことはできないのだな
ということを感じていた。
5年生の件でも、「なんですぐに親同士で話をしないんだ」と指摘されたが、なかなか親同士腹を割って話していないものだと感じた。

そのときはすごくパワーをもらって、
私も「あきらめちゃだめだな」とか「親がちゃんとしなくちゃな」
なんて思っているけど

先生、大丈夫かな?とも最近思っている。

理想と現実の間で、大事なことはたくさんありすぎて
目の前の大事なことに振り回されないといいな

と思っている。

でも、
子供たちを長い目で見て
将来にわたっていい方向に進むように
考えてくれている先生に出会えて、私はやっぱりうれしい。

応援していきたいと思う。
いただいたパワーを子供たちにむけて、いい方向に進むように私も見守っていきたいって思っている。
【2008/06/04 10:30】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(2)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。