スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ネット社会の光とかげ
先週の土曜日12月9日
夜7時半から3時間に及んで
NHKにて「日本のこれから」という番組があった。

「ネット社会の安全をどう守りますか」
をテーマに、討論会が行なわれた。
この番組を観て、最近感じていたことと、一致していたものがあったので、まとめてみようと思う。


インターネットや携帯を使うことで得られる

の部分

 ・ネット検索
 ・ネットショッピング
 ・ネットオークションなど 便利な一面

それに対して

の部分

 ・匿名が許されることによる 誹謗中傷
 ・個人情報の抜き取り、悪用
 ・子供が犯罪にまきこまれることも・・・

まず大前提として
陰の部分があることを知って、利用するべき
だと、私は思う。


テーマは大きく以下の3つ
1.掲示板
  個人に対する攻撃について議論された。
2.子供の安全
  中学生の女の子がアマチュアモデルとして
  インターネットで人と出会っていくケースを紹介して議論がされた。
3.国の規制について
  ネット社会を安全にするために国としてどんな規制が必要なのかが議論され、他国の例も紹介された。


私が意見をするのもおかしいけど、
この記事を読んでくださる方に、メッセージを込めて伝えたい
と思ったので、下にまとめてみる。

1.掲示板(ブログ(MIXY含む)のコメントも同じ)

  匿名性から、気楽さと危なさがある。
  匿名性の気楽さは、全て否定できない。
  ただ、匿名であっても、
  自分自身を判別される可能性はある、ということは
  認識しておくべきだと思う。

  ここで私が大事だと思うことは
  <書き込む側>としては、
  「責任」を持って書くべき
   ということである。
   誰だかわからないから、何を書いても良いというわけじゃない。
  <管理する側>としては、
   「判断力」をもって対処してほしいと思う。
   自分の掲示板において、個人が直接攻撃されているような場合
   個人情報が漏れている場合、危ないサイトへ誘導されている場合
   など、管理者として、「責任」を持たなければいけないと思う。


2.子供の安全

  この番組では、私からすると考えられない展開を紹介していた。
  それは、中学生の子が、
  自分の写真をランキングに登録するというもの。
  すると、アマチュアカメラマンが
  モデルとして、彼女に会いたい
  となる。
  最初は撮影会として、
  多対1で主催される。
  「かわいいよ」などと声をかけられ
  彼女自身は、まんざらでもなくなる。
  彼女の父親は、しっかり勉強をすることを条件に
  認めている。
  最初は、主催者がいて行なわれていた撮影会だが
  1対1で会いたいというメールが入るようになる。
  その多くのメールから
  彼女は信用できる人とは、会っているようだった。
  
  私が親なら頭ごなしに反対すると思う。
  私は、「なぜだめなのか?」をまとめたものを学生に配布しているが、犯罪に巻き込まれる可能性は認識しておくべきだと思う。
  人を信じることは大切だけど、小さなケガですめばいいけど・・・

  ここで私が大事だと思うことは
   親子の関わり。これは討論会でも意見としてでていたけど
  携帯を持たせるなら、親として責任を持つべき。
  お金の管理が、責任ではない。
   陰の部分を、親がまずしっかり認識するべきだと思う。


3.国の規制
  
  ここでは、韓国において
  本人確認制度というものが紹介され、
  個人個人が番号で国に管理されていて
  掲示板の書き込みも本人の認証が必要だ、と紹介された。

  国の規制に関しては、大きすぎて意見は述べないが、
  まず、個人として、
  本人確認制度があるということは、
  自分の意見に「責任」を持つというにつながる。と感じた。


この番組を通して、感じたことを下にまとめたいと思う。
これは、最近、ブログを通しての人との関わりから、私が感じていることと一致している。

番組のコメンテータの方は
東大の先生や、立花先生や、弁護士の紀藤先生など立派な方たちだが
その中の言葉で

「ネットの問題は社会そのもの」
「コンピュータの問題ではなくて、人間の問題なのだ」
という言葉があった。

その通りだと思う。
どんなに、コンピュータが進歩しても、作るのも使うのも人間。
どう、操作するかではなく
どう、使うのか、ということが大切だと思っている。

膨大な、インターネットの情報の中から、何を信じるのか。
その「判断力」は、自分自身の持つ力。自分自身。

ブログを通して、最近感じていること
「人としてどうあるべきか」ということである。

ネットの世界で交流のある方たちは、志の高い方が多くいる。
そういう人に影響されて、自分もがんばれている。
思いやりのあるコメントをもらう。
自分も、相手を思う。
そこにはバーチャルな世界ではない
現実的なつながりを感じる。

出会い系はぜったいだめ、知らない人を信用するな。と、思っているし、学生に伝えている。
でも、
私は、ネットで知り合った人の中で、信用している人もいる。
  それは、私の判断基準によるもの。
  それが間違っていたらこわいなー
  その、「判断力」があるのだと、信じよう。

さて、
では、親として、子供にはどうすればいいのか?
子供たちが、ネットを利用する上で必要なことは何だろう?
やっぱり、
「人として、どうあるべきか」
ということに
なっていくのではないかと思う。

正しい心、ピノキオの「良心」のように
良いこと、悪いことがちゃんと判断できて、はじめて
一人前に、ネット社会に参加できるのではないかと思う。
もちろん、ピノキオのように、失敗や危険なめにあって
初めてわかることもある。全てを禁止していては
判断力なんて生まれない。

どうやって、「良心」を育てたら良いんだろう。
これは、私の課題。
たとえば、友達がみんなやっていたから、万引きしちゃった・・
これは極端な話としても、
友達がみんなやっていたから、いじめちゃった・・・
つい調子に乗っちゃって・・・あり得る、あり得る

ほかの誰がどうでも、
自分としてどうなのか?
それは良いことなのか悪いことなのか
ちゃんと判断できるように、なれるかな?

それには、相手の言葉に傷つき、相手と向き合った先日の
子供が体験した、一つの経験のように
一つ一つの経験の積み重ねが大切なんだろうな。と思う。

親としては、ちゃんと伝え、見守るしかない。


最後に、
投稿された意見から、こういうものがあった。

よき、ネット社会を築くには
思いやりの心と責任感
しかない。

私は、この意見に大賛成。
この気持ちは、私が最近、大事だと感じていたことと
まったく一致するのだ。

まだまだ、課題の多いネット社会。
結論はないけれど
陰を知りつつ
思いやりの心で、責任感を持ってつながっていけたら・・と思う。



以上
かなり、長くなってしまいました。
読んでくださったかた、ありがとうございます。

乱文お許しください。

私のパソコンの先生っぽい、ホームページはこちら
  ↓  
パソコンでやってみよう。
6番「パソコンでやってみよう」などで、ネチケット紹介しています。
おすすめではなくて、私がこんな人というのがわかるので紹介しました。ほとんど誰も来ないHPです^^;
スポンサーサイト

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

【2006/12/11 12:22】 | 仕事 | トラックバック(1) | コメント(8)
<<英語教室6回目 | ホーム | 赤鼻のトナカイ>>
コメント
お邪魔します。
「2.子供の安全」ですが、自分は「相手が未成
年だと分かっていながら、親を飛ばして子供本
人にアプローチしようとする人間」が信用できな
いのではと思います。「未成年者の結んだ契約
は親が取り消せる」事を知らないのでしょうか。
【2006/12/11 22:03】 URL | ブロガー(志望) #0ghL9qJY[ 編集]
ブロガー(志望)さま
コメントいただきありがとうございます。
あのテレビはご覧になりましたか?
そう指摘されると、なるほどと思ってしまう、のんきな親です。親として常識を持たねばいけませんね。「未成年の結んだ契約は親が取り消せる」。未成年の君も、知っておきなさい。という感じですね。つまり、まだ未成年の君は、親の管理下にあるのだよ。ということなのですね。
しっかり自信を持って、子供に対処できるように、親もちゃんとアンテナを張っておかねばいけませんね。
ありがとうございました。
【2006/12/11 22:40】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
その番組は見ませんでしたが、sinyuumamaさんと同じ考えを私も持ちました。

大人と比べて子どものIT適応能力はかなりのものがあります。
ただただ「凄いね」と誉めるのではなく、大人として教えていくべきところは教えていかないと、せっかく便利なものが逆に子どもたちにとって凶器に変わってしまいます。

教えていただきありがとうございました。
【2006/12/12 05:23】 URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
番組みませんでしたが、興味深いです。
子どもたちの間でログインしてやるゲームみたいなのやってる子いて、うちの子もエントリーしたかったんだけど、パソコンが古すぎてダウンロードできなかった。でもうちの子もやりたがってるわ。そういう時代なのね~
光の部分で活用して欲しいね!遠い国の顔も知らない名前も知らない人たちと励ましあったり共感しあったり、ステキです!
でも影の部分は肝に銘じて責任の取れる言動を皆が守って欲しいですね。
【2006/12/12 11:48】 URL | totempole #-[ 編集]
親の意識の問題ですね。保護者がどれくらい携帯やネットに対して子供に注意してあげられるかがポイントだと思います。ですから、子供の前に大人がきちんとしていなくてはいけません。でも、中学現場にいると、それ以前の問題、(責任感、道徳心)だと感じてしまいます。
【2006/12/12 22:27】 URL | 無敵 #iWfHidvU[ 編集]
hirarin先生
おはようございます
いつもありがとうございます。
先生はパソコンを利用して、さまざまな試みをされていらっしゃるので、パソコンの光を子供たちに体験を通して伝えて見えますね。
コメント書き込みのコミュニケーションは、うちの学生を見ていても、抵抗感がないことがわかります。コメントは短い言葉で表現するので、誤解もあったりしますが、要約して物を伝える点では、操作面だけでない、国語力などの訓練にもなりますね。パソコンを使いこなそうと思うと、実は、総合的な力が必要になるのですね。
凶器にならないように。。やはり、大人がしっかり認識を高く持たねばいけませんね。


totempoleさま
おはようございます。
4年生のグリちゃんは、お母さんのブログをチェックしたりする、とおっしゃっていましたね。私たちの時代とは、違うし、変化のスピードもはやいですよね。ぐらちゃんが2年後、同じかどうかはわからないですよね。
インターネットゲームも、はまると面白くって抜けられないみたいです。同じ時間に1万人くらいがアクセスしていることもあると、ある、ゲーマーの学生が言っていました。いろいろ、聞くと教えてくれるのですが、ついていけませんでした。(>_<)

無敵先生。
おはようございます。
コメントいただき、ありがとうございます。
先生も、携帯のことを記事にされていることがありますが、中学生の所持率はいまや90パーセントは越えていますよね。
たまたま、昨日読んだ本に「みんなが持っているから、かわいそう」と言って、物を与えるのは、「甘やかしだ」と書いてありました。まーわたしもDSを与えてしまった、甘ーい親なので、肝に銘じておかねばいけないのですが、そんな甘やかしで、携帯を与える親も多いですよね。その親が、みんな危険を認識しているかどうかは疑問です。
中学現場は、一番大変な時を預かっておられるので、毎日が戦争ですね。そうそう、この間借りた本にも「中学校の先生が一番大変だ」って書いてありました。世間のしがらみに負けないでくださいね。
【2006/12/13 07:01】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
大変参考になりました。
ありがとうございます。

昨日、愛知の高校生が自らの喫煙、飲酒をHPにアップした記事が新聞にありました。名大の速水先生りコメントは、「ネットは、犯罪意識のハードルを低くする。」という趣旨でした。

使う側の意識が低いままでは、
チェック、規制という方向がどうしても必要になりますね。

そして、現実に被害者が出て、
社会問題化してくれば、
その対応が急務となることでしょう。

まず自分がしっかりすること。

私もsinyuumamaさんの考えに賛成です。
ネットであっても
個人と個人の考えをつなぐことは、
きわめて人間的なこと、現実の世界を反映したものだと感じています。
【2006/12/17 17:26】 URL | カワセン #-[ 編集]
カワセン先生
いつもありがとうございます。
私もその記事を読みました。
タバコをすっても、悪気がない若者を見かけます。注意をする勇気もありませんが、昔は制服を着ておおっぴらにはできなかったものです。
隠れてやっている場合は、悪いことという意識がありますが、隠れてやっていないのですから、悪いことだと思ってないのだろうなと思います。
伝える側としては、ポリシーをしっかりもたなければいけないし、でも、柔軟さも必要ですね。
【2006/12/18 16:39】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sinyuumama.blog46.fc2.com/tb.php/102-c17ce58b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
18年12月4日(日) 心無いホームページの事件から
昨日から、教員による心無いホームページの事件が報道されています。私もこうしてインターネットによって学校の情報を公開しています。加害者になることはもちろんですが、事件の利用される情報を発信することことがあってはならないと、今回の事件の恐さを感じました。(「 教務日記【2006/12/17 17:28】
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。