スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学で講義を受けました
前回の記事からもう何日も経ってしまいました。
4月から7月までの火曜日、全14回、「臨床心理学」の講義を受ける機会に恵まれて通っていました。
名古屋市立大学看護学部3年生の授業です。
その授業に今回、市民公開として10名の応募がありました。
150名近く応募があったそうですが、見事に当たりこの機会を得ました。

内容は
1.臨床心理学入門(成り立ちなど)
2.臨床心理学の対象(正常と異常)
3.臨床心理学の対象(発達的視点)
4.臨床心理学の対象(心理的適応と不適応)
5.臨床心理学の対象(診断基準とその背景)
6.臨床心理学的人間理解(心理アセスメントの基本)
7.臨床心理学的人間理解(検査によるアセスメント)
8.臨床心理学的人間理解(看護版応答態度診断テスト)
9.臨床心理学的援助の方法(個人へ)
10.臨床心理学的援助(家族、地域社会、集団へ)
11.臨床心理学的援助(カウンセリングの基本)
12.臨床心理学的援助(カウンセリングのキーワード)
13.臨床心理学の実践領域
14.臨床心理学の学び方

目次の抜粋です。

目次を見ただけでも未だになんのことやらというのもあります。

5月から仕事が増えました。今までは月、火、金でしたが水曜日の授業を頼まれました。2年生のエクセル上級で、1年生に受け持った学生ばかりなので気が楽でした。しかし、その仕事を受けることは私に土日もなく働けというようなものでした。授業の準備やチェックがあるので。。「欲」が強いのか、その仕事を受けてしまいました。
4月からの週1回のこの講座、これだけでも昨年度からすると増えていて慌しさを増していたのに、さらに仕事を増やしてしまいました。学校の仕事は今夏休みですので、5月と6月2ヶ月だけがんばれば何とかなる、そんな考えでした。

しかし、その2ヶ月は本当に過酷でした。
でも、この講座は1度も休みませんでした。
お友達になった先輩ママさんがいつも席を取ってくださいます。
「遅刻してもいいから、早退しても良いから、とにかく来なさい」と最初に励まされました。

心理学の世界は幅広い学問があるようです。
「発達心理学」というものもあり、今回のこの3年生の学生さんは、2年生のときにその授業をうけているようでした。
そして、ことあるごとにこの「発達」時期の心理の成長の話がでました。
内容が私には難しい。ということもありましたが、帰り道はいつももうろうとしていました。
人は年をとっても各段階においてあるべき像があるのだそうです。その中でも乳児期における母親との愛着関係の形成がその後の発達段階において大きな影響をあたえる、というお話が何度もありました。
これが私をもうろうとさせるのです。
うち、大丈夫かなー

私は双子だった、ということが理由というよりは、私自身が親になりきれていなかったために、
子どもを愛情をもって抱いていませんでした。
特に、最初の1年、横になって眠れたのが1時間、6ヵ月頃から3時間という具合に、ほとんど眠れませんでした。ずっと抱いていました。
その時の心境は、「早くねてー」「いいかげんにしてー」
これしかありませんでした。たまにゆうが寝ているとしんが起きてくる。お願いだからゆっくり寝たい。おいしく食べたい。寝食が思うようにならないってほんとにつらいものですよ~~。未だに言ってる^^;

心を込めて抱いていない。私の中にある非です。ずっとこれはひきずっています。

子育ての失敗

という言葉がでました。

その日の質問に
「失敗は取り返せますか?」

答えは
「それに対しての答えは後になって出てくる。
 対応は早いほうが良い」

でした。もやもやしていました。

大学生、それも看護師を目指す人が受ける臨床心理学です。
自分が受ける側ではなく、面接をする側となる人のための講座です。
ですが、どんな話もわたしは、受ける側として、自分の今の状況やこれまでの状況と照らし合わせていました。
いつも私は大丈夫?子どもは大丈夫?そんな疑問がわいてきました。

私は昨年から、思いがけず自分の能力以上の仕事をすることになり、それでもがんばれる自分でありたいのだと、自分を励ましてがんばっていました。5月からもさらに仕事を増やしてしまい、それは無理をしていたと思います。
毎週転んではケガをしました。家族で胃腸炎になりました。
そのたびに
「この仕事は受けてはいけなかったんだ」「私にできるわけがなかった」
そんなことを何度も思いました。そう思っても、受けた仕事から逃げ出すことはできません。
精一杯やるしかありません。
頭の中は仕事のことでいっぱいです。

それでも火曜日にこの講座を受けに行くと、子供のことで頭がいっぱいになりました。この8年間を振り返る機会になり、またそれが苦しい時間でした。

先ほどの先輩ママさんにそんなことを少し話すと、「この時間だけでも子どもさんのことを考える時間ができてよかったね」って言ってもらえました。
物事はとらえようですね。


最後の講義では目からうろこでした。
カウンセリングのキーワード

1.傾聴
2.受容
3.共感

1.傾聴
 「聴」とは目と耳と心が1つになること

2.受容
 表面的なことに振り回されてはいけない
 自分の価値観や枠組みを横において、相手の価値観で聞くこと。
 簡単に評価をするとそこで終ってしまう。

3.共感
 同情とは違う。相手の感情に巻き込まれてはいけない。

自分がいつも子どもたちに対している態度を振り返りました。
 聞かなくちゃって思っているけど心の中で「あー君はかわっている」とか「やっぱりあんたは」なんて思っていては目と心と耳は一致してないですよねー子どもには伝わっているのです。
 いつも表面的なことに振り回されているとつくづく思いました。子どもには自分の価値観を押し付けている、これは気をつけなければいけません。

もやもやしていたのは最初のうちは、うちの子は大丈夫だろうか?という気持ちでした。そのうちに原因は自分にあるというところでどんどんつらくなってきます。
まずは私が私と向き合うこと。

私は、このブログで随分自分と向き合ってきたように思います。
自信がなくて、でも欲は深くて・・・
いろいろなことを記事にしながら考えていく中で、
「自分がどうありたいか」
と、人に求めないのが一番ラクになる、そう思うようになりました。

いつも励ましてくださる皆さんのおかげで私はがんばれています。
いつもありがとうございます。


今回、思いがけず貴重な体験をさせていただけたことを感謝しています。今後、せっかくなので臨床心理学について勉強を続けるといいのでしょうが、今は自分の仕事上の勉強などで手一杯です。でも、やはりこの3ヶ月この講義を受けたことでたくさんの気付きを得られたことは今後の私の財産となるように思います。

また、この講義に参加された市民の方と最後の日にランチに行きました。自己紹介から始まったのですが、皆さん志が高い方ばかりで、子育て支援をされている方もあり、今後お互いに高めあえることができたら今回の機会がより一層意義深いものになるなー

なんて、また欲をかいております。
スポンサーサイト
【2007/07/30 12:09】 | 親学 | トラックバック(1) | コメント(10)
<<大掃除 | ホーム | やりたいこと!やらなきゃいけないこと!>>
コメント
がんばったね!
現役の大学生と一緒に講義をきいたのですね。
今までの子育ての不安が今回心理学を学んだことによって解決の糸口をみつけられたことでしょうね。
というより、双子を育てる大変さは、双子のママにしかわからない苦労がたくさんあったね。
今、ゆうもしんも元気で生まれてくれたんだし、いつまでも思い悩んでいても仕方ないよ。
これからの子育てにヒントをみつけたんじゃありませんか?
講義を受けたことで一段と成長した双子ママさんになったんだわ、どんどん差をあけられちゃったぁ~
【2007/07/31 00:53】 URL | totempole #-[ 編集]
傾聴、受容、共感

私もこの大学院で勉強しました。
特に「傾聴」が難しいです!

以下は、昨年5月20日の記事から・・・
-----------------------
クライアントの話に聞き耳を立てて、こちらからはあまり質問や意見は言わないようにする。
そしてクライアントに本音を語らせる。
そこでは
「沈黙」
が重要になってくる。
「沈黙」を有効に活用することで、クライアントの内部がじわりじわりとわき出てくることがよくあるそうだ。

しかし、どうしても、カウンセラー役の私がしゃべりまくってしまう。
「待てない自分」
がそこにはいる。そんな自分に腹が立つ!

「傾聴」は教育相談でも基本である。

根底から直していきたいと感じた。
--------------------
あれから1年以上が経ちました・・・少しは傾聴できるようになったかなと思っています。
【2007/07/31 10:25】 URL | hirarin #Uz.S8pnM[ 編集]
ご縁に感謝しております。講義を担当していましたmamekichi教授です。
今回、初めて市民の皆さんに授業公開をすることにしましたので、さてはて、どうなるか?と自分でも心配していましたが、皆様方、どなたも学生達以上に熱心に聞いて下さり、感謝しています。皆さんの質問、コメントを毎回楽しみに拝読していましたが、臨床心理学で扱う内容は、ある程度、人生の荒波や、社会生活を経験された方の方がよく理解して下さるものだということを、新たに発見しました。
synyuumamaさん以外の受講者の方からも手紙をいただいたりして、こちらが励まされた感じでおります。勉強するのに、時期が早い・遅いということはありません。これからも、引き続き細々とでも構いませんから、ぜひお続けになってください。
【2007/08/01 10:30】 URL | mamekichi #-[ 編集]
totempoleさま
いつもありがとうございます。
totempoleさまがいつも背中を押してくれています。本当に感謝しています。
私の状況を敏感に感じ取るゆうは、今私が休みだし、ほとんど子供中心に暮らしているのでとても落ち着いています。その分しんがあれこれと注文をつけて要求がはげしい。それが二人の私への愛情表現なのかもしれませんね。
人の子のことは冷静に見れるけど、自分のことになるとうまくいかないのよね~。自分の子供の場合は、子供のことだけというわけにはいかず、自分に必ず返ってくるので、私のように「自分が」というのが強いと子育てでは苦しくなるのかもしれませんわ。結局自分に返ってくるのよね~。
totempoleさまには間違いなく一番励ましてもらっています。ありがとうございます。
またゆっくりお会いしたいです。
【2007/08/02 07:01】 URL | sinyuumama→totempoleさまへ #-[ 編集]
hirarinさま
いつもありがとうございます。
三つ子ちゃんを育てているhirarinさんですけどやはり大学院では職場での自分が中心なのですね。
バーバルコミュニケーションとノンバーバルコミュニケーションでしたっけ?たとえば面接者が時計を見るしぐさは、相手に対して時間を気にしている、早く面接を終わらせたい、という気持ちを表してしまう、などと、言葉以外のコミュニケーションの重要性をおっしゃいました。
これも重要なことですよね。私は言葉に惑わされます。もっと目も心も使って傾聴できるようになりたいと思います。
先生は小学生が相手ですものね。すべて言葉では表せない子もいます。根気のいる仕事ですね。
【2007/08/02 07:29】 URL | sinyuumama→hirarinさまへ #-[ 編集]
mamekichi先生
先生にコメントをいただけるとは、大変恐縮です。
二十歳のころは、40歳のおばさんて、人生終わりだわ~くらいに思っていた私です(^_^.)
今になって思えば何にもわかっていない若造です。40にして欲が出てきている私はたぶん人生の中で今が一番がんばっています。そう思えるようになったのは子供のおかげです。でも最近、私ががんばれることはきっといいことだけど、がんばりすぎることは子供にとってよくないのだと思い始めています。でも、今までちゃんと勉強をしたことがないし、がんばったことがないからその辺のコントロールがうまくないのだと思います^^;
また、先生の講義に対する姿勢は大変尊敬しています。未熟すぎるほどの経験不足な私ですが、そういう点でも多く学ぶことができました。いつも質問やコメントに真摯に対応くださる。資料を細かく準備くださる。私はもっともっとがんばらなければいけないことは明らかです。
このたびは貴重な体験をさせていただけて本当に感謝しています。また、こんなお粗末なブログに丁寧にコメントしていただけて恭悦至極でございます。(使い方あってる?間違ったら減点^^;)
たくさんの学びをありがとうございます。
【2007/08/02 07:53】 URL | sinyuumama→mamekichiさまへ #-[ 編集]
コメントに対するお返事、ありがとうございました。
減点はなし、ですのでご安心ください(笑)。
ところで、私も、いろいろなことにマジメに取り組み、やり過ぎる傾向がありますので、偉そうなことは言えませんが、イギリスの児童精神科医であったウィニコットが、母親であることについて、次のように言っていました:“good enough mother”。これは、授業でもお話ししたかと思いますが、「十分により母親」ではなく、「ホドホドによい母親」という意味です。
【2007/08/04 05:14】 URL | mamekichi #-[ 編集]
mamekichi先生
再びコメントありがとうございます。
ご加減はいかがですか?あれだけの授業前、授業後の質問に対する準備をするのは大変なことだと思います。そういう一つの取り組みからも先生の真摯な態度というのは伝わります。
今、体調を崩されたのも、前期の仕事の疲れなのだろうと想像しています。
"good enough mother"については、診断テストのレポートの時に、お返事に書いてくださいました。授業開始時に返却いただいたのですが、涙がこぼれて困りました。肩の力を抜いてもらった思いでした。
昨日先生にコメントをつけていただいたので、公開講座で知り合いになった皆様にこのブログと先生のブログへのリンクをお知らせしました。
人との出会いに感謝している人は私だけではないようです。「出会いに感謝しています。」

ありがとうございます。
【2007/08/04 15:19】 URL | sinyuumama→mamekichiさまへ #-[ 編集]
辛い時間。
わかりますよ~。
私もあらゆる面から自らを振り返りました~。
ほどほどにがんばりましょうね!
【2007/08/06 23:20】 URL | くるみ #-[ 編集]
くるみさま
いつもありがとうございます。
もがき苦しみ。なんでーと思いながら、よくそんなことになる。。くるみさんもそうですか?
くるみさんはもっと次元の高いところを目指した苦しんでいらっしゃるのでしょうけどね。
こうして、志の高い方と交流していると、つい無理をしてしまうのかもしれません。
何にもできんのに・・そういわれて育ってきました。ほんとにそうだと思います。でも子供にはどうは言いたくないし、思いたくないなー
【2007/08/07 01:32】 URL | sinyuumama→くるみさま #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sinyuumama.blog46.fc2.com/tb.php/133-4987f6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
名古屋市立大学
「名古屋市立大学」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「名古屋市立大学は市立という事もあり、講義を... ブログで情報収集!Blog-Headline/interest【2007/09/13 21:14】
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。