スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ゆるすということ
私に剣道を勧めた人は、剣道クラブの一年先輩と同じ春組みに子供を持つお母さん。
先日分かったことは私と同学年ということ。
1年先輩は今3年生の男の子でうちより1つした。同期の女の子は今2年生。そのこたちの下にはまだ2人、妹がいる。子沢山なお母さんだ。
二人ともまじめにこつこつ、お母さんの言うことを良くきいて、お残りも必ずやっていて、先生の言うことを素直にきいてがんばっている。最近みるみる上達している。

「お兄ちゃんはどう?」おにいちゃんとはゆうのこと。
「お兄ちゃんたちがんばっているね」
など、声をかけてくれる。

そのたびに
「今日は嫌がっていたけどきた」とか
「もうやめたいっていっていた」とか
つれてくるだけでくたくたになっている私は答えていた。

先日、
「私ならやめたいって言ったら、もうつれてこないよ」
って言われた。
私はついムキになって答えていた。


そんな私に何か伝えたかったのだと思う。
その人がこの本を読んでみて、と本をくれた

タイトルは
「子供を立ち直らせる
 愛の法則」

このタイトルを聞いてどう思いますか?
私は、ちょっとショックだった。
うちのこ、立ち直らせなきゃいけない様な状態ってこと???

って感じだ。

なかなか読む気がしなかったのだけど、
読んでみた。

すると、私にはとっても理解できる内容で、今までの納得できなかったことが納得できる気持ちになれた。それで、読書が苦手な私もどんどん読みすすめることができた。



家庭は愛の原理によって成り立っている

 「親切な愛」
   と
 「ゆるす愛」

の2面を満たすこと。
精神的にも物質的にも安定をした生活を心がける。
満たされた子供は、前に進める。と言うもの。


社会は、ルールが必要で、その規則を破れば罰がある。
社会で家庭の愛の原理はもちろん成り立たない。
逆に、家庭には社会の規則は必要がない。


親切の愛とは
①子供の言ってほしいことをいう。
②子供のしてほしいことをする。
③子供の言ってほしくないことを言わない
④子供の嫌なことを取り除く。

たとえば、お小遣いを上げるときも、何か条件をつけたり、文句をいってしまったら、それは愛として子供に伝わらないということ。

ゆるす愛とは
理由を見つけてゆるすこと。

つい先日あったこと
「すぐに~をやれ、やらないなら、公園に出すぞ!!」

何度言ってもできない子に対し、とうとうパパが怒っていった言葉です。

「パパは外に出したいなんて思っていないよ。やってほしいから言っているんだよ」とフォローをしたが・・

親は、「ごめんなさーい、外には出されたくないから、すぐやりまーす」
と言う行動を期待するのだけど

子供には愛が伝わらない、そのときの感情だけが伝わるというの。
家庭に罰は必要がない。ということ。



で、いろいろ私の中でなぞが解けてきました。

ごめんなさーいといって、その場の状況を判断して、さっさと行動し、対応できる子はいいのですが・・

できない子もいるのです。

それがゆう。

私は、ずーっと悩んできた。
どうして伝わらないんだろう。
いやいや伝わっているし、本当に色々とわかってきた。

でもでも
どうしてこうなるんだろう?

これはすべて自分が子供に対してしてきたことにつながっている。

ずーっとずーっと感じてきたことや勉強してきても納得できなかったことが少し解けた気がしています。


とにかく、ゆるそう。

「愛」を伝えよう。と思いました。

この1週間はだから私は怒っていません。その代わりパパが怒ることが増えて、パパにも説明をしています。


とにかく、安心して暮らせるようにしてあげることが何より先決だと思いました。


双子だから、比べることは良くないってもちろん認識しているし、ちゃんと二人のいいところを観ていこうって思っていた。

でも、やっとそうできるようになるまでに、5年以上かかったのです。
その5年以上の間、私はやっぱりゆるせなかった。
なぜ自分の思うとおりにならないのか、なぜこの子はあの子のようにできないのか
なぜそんなに泣き喚くのか?

とにかくそういう言葉でも態度でもない、私からのオーラは当然彼だけに伝わっているはずで、私はずーーーっと罪の意識があり、ずーーーっとそこに返って、やっぱり・・・と落ち込む。

だけど、子供をゆるしていくには、犠牲があること、
そして、その親もゆるされる存在であるということ

そういうこともこの本から感じることができて、重い罪を少し軽くしてもらうことができました。


いつまでこの気持ちが続くかは分からないけど、

やっぱり、家庭と社会は違う。家庭で教えるべきことは学校で教えることとは違うんだなと強く思いました。

変わっていくといいな。。。わたしが。
スポンサーサイト
【2008/05/28 17:34】 | 双子育て | トラックバック(1) | コメント(2)
<<ゆるすということ つづき | ホーム | あなたはどのタイプ?>>
コメント
ゆうのことで、5年以上もの間・・・ゆるせないオーラ・・・ずっと悩んで、いろいろ本をよんだりして勉強してることを知って、私の正直な気持ちを書きますね。
sinyuumamaさまが思ってるほど、根が深いとは思わないのです。
ゆうはまだ9才の可愛い男の子です。
何が原因だったとか突き詰めなくても、全然大丈夫だよ!
そのときそのときで子どもは成長していくのだから、前のことを考えても仕方ないと思うのは、楽天家の私の考えです。
ごめんね。
たとえば、去年までポケモンのプールバックが欲しくて買って気に入って使っていたものが、今年は、そんな幼稚なバックは恥ずかしいからアディダスのを買って!と言ってきて、ショックを受ける母親では、ダメだと思うのです。
仕方ない可愛い息子のために買ってあげようか・・・と思うのもそれも愛情ですよね。
でも言ってるけど、「まだ使えるんだから6年生までつかいなさい」ってね。
そのときそのときで、子どもは成長してるのだから、趣味も嗜好も変わってくると思います。
前のことを振り返るのはもうやめて、これからはそのときそのときのゆうの気持ちを汲んであげて接していれば大丈夫だよ。ゆうだっていつまでも泣き喚いたりしないよ。
Bチームに試合の途中で自分のグローブをお母さんに投げつけてこんな試合やってられるかぁ~って泣き喚いたりする子ソフトでもいますよ。
でもその子のアウトが全然取れなくて回が終わらない試合に疲れてどうにもならない悔しい気持ち大人たちもわかってるからひたすら見守るのです。うちのぐらおもパパに殴りかかったことあったしね。
長々と書いてしまったけど、もっと肩の力を抜いて、大丈夫だよ。私は力抜きすぎかもしれないけど、一生懸命のsinyuumamaさまから刺激をもらってます。
ゆうはママのこと大好きなんだから、自信を持ってね。
【2008/05/29 11:40】 URL | totempole_2006 #mQop/nM.[ 編集]
totempoleさま
ありがとう。
5年くらいというのは、生まれてから5年間くらいということで、
それ以降は、わたしなりに、ゆうはこういう子なんだって、理解して、ゆるしてやってきたと思ってる。
1年生になるころには、泣き喚いて自分がコントロールできないという状況は減ったし、保育園や学校でそういうことで困ることもないから、小さかったから・・ということで一旦決着はつけたの。
私もわかってやれるようになったし、きっとこれから変わっていくって。
でも、やっぱり日々の出来事で、しんとゆうは私に怒られるつぼがちがう。
しんは悪いってわかってやっているけど、ゆうはできない、やらない、という印象で注意をされ、それに対して私に腹を立たせるような態度や言動をとって、感情的に怒られてる。
感情的になったわたしは、「いやなことをいう」のです。
たとえばグローブを投げたくなるほどの心情はわかったとしても、やっぱりモノを投げる姿や物を大事にしない姿にがっかりしたり、腹が立ったりする。
しんに対して怒っても後悔したことはないの。だけど、ゆうには毎回後悔する。
それはなぜかというと、自分の感情をぶつけてしまうから。その感情というのは、ゆるせない、と言う感情だったのかなって思った。ゆうにとって嫌なことを言った。それは私が一番わかってる。ゆうがやらないとか話を聞かない態度になって、逆に私を怒らせていたのは、私の怒りしか伝わっていないから。
小さい時のもう記憶にない出来事の中で、ゆうは悲しい思いをしてきていたんだ、ってやっぱり思う。そういう私との信頼関係のゆがみがあるのだとずっとずっと思ってた。
今はゆうは私からそんな差別のオーラは感じていないと思うよ。でも、記憶にない時代のゆがみはやっぱりどこかで取り戻そうとするんだと思う。なんとなく合点がいったの。愛情が伝わらないことはあるのだということに。
5分だっこして、満足して私から離れていくしん。
30分たっても1時間たっても離れなくて、私から拒否をされて離されるゆう。
満足していないの。私は不満だった。一日の90パーセント以上、ゆうのことで頭がいっぱいなのになんで満足してくれないんだろう。。って。
やっぱりへただったなって思う。もっとゆうに合った態度や言葉で伝えていくべきだった。
感情を抑えるには、それを「ゆるす」しかない。そうすることで楽になれるということがわかったし、それがゆうにとってもいいことなのだと思えた。だから、前に進んでいるよ。
心配かけるね。ありがとう。
【2008/05/29 13:45】 URL | sinyuumama⇒totempoleさま #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sinyuumama.blog46.fc2.com/tb.php/162-9fe6ca0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【双子】についてブログでの検索結果から見ると…
双子 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… おまとめブログサーチ【2008/05/28 18:11】
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。