スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
子どもに課題を与えるということ(PartⅡ)
昨日「子どもに課題をあたえるということ」をテーマに記事を書きました。
課題を与えることで子どもが伸びる。
という考えの下
どう、課題をあたえるのか
どう、課題を自分のものとしてクリアしていくのか

ま、それ自体私にとっての課題。だったりします。

課題⇒目標
といった大きなものとして捕らえることもできるし、
課題⇒宿題
のように、やらなければならないもの、という位置付けもある。
課題⇒成長過程
トイレトレーニングのように、誰もが通る成長の証

簡単に課題とあげたけど、
上にあるように、いろんな課題があって、
単純には目に見えないけど、心の成長もあったりする。


課題をこなすことで成長がある

ということは間違いないと思っているけど、
最近少し心配なことが・・・

ゆうは、
たとえば、宿題の漢字。
漢字は嫌いではない。文章を考えるのも嫌いではない。
でも、遊びたいし、疲れているし、
なかなかやる気が起きない。
一行書いては泣いたり、あばれたりしている。
たとえば、ピアノ。
はじめからスラスラ弾けるわけがないんだけど
できないといって、あばれまくっている。

それでも、何とか宿題は仕上げるし
ピアノも、目標のところまではやる。(右手だけ2,3回とか簡単なことです)


そのあとで、


「さっきはごめんね」

と、言うようになった。



何度も何度も、この態度に私が腹を立てて怒ったことがある。
もちろん何度も何度も励ましたこともあります^^;

自分で、感情をコントロールできないんだ
と、私もわかってきて、
今はあなたはこういう状況だ
ということを言葉で訴える。

「わかった!(>_<)」
「うるさい!(>_<)だまれ!(>_<)」
「きえろ!」「しね」までいわれたこともあるかなー

こんな戦い日常茶飯事。
さすがに「きえろ」「しね」といわれたときは
真剣に怒って、そういうことは言われたくない
とものすごーく怒ります。

暴れる時間が短くなって、
きーってなる時間も少しだけ短くなって

それで最近
「さっきはごめんね」
って、言うようになった。

これは成長なのか?
彼の心は成長しているのか?

1年生の1年間で、目覚しい成長を遂げたゆう。

でも、ふと
もしかして、がまんしてるの?
わたしに、笑ってほしくて・・・

この反動、
また、中学生くらいで倍になってやってくるんじゃ・・・コワ(ーー;)

彼の中で、課題をこなしたい
こういう欲求は確かにある。
それが大きな成長。
そして、それを自分でこなしていけるようになれば
もう、彼は心配ない。
自分で、どんどん成長していくようになるんだろうと思う。

だけど、
どこかで、

母に笑ってほしくてがんばっている

そこの反動がコワかったりする母(>_<)


やはり、課題の与え方は
本人の意思に任せるのが理想か??

子どもが伸びるからとあれこれ仕掛けるのもやはりどこかでしわ寄せがくるものなのか・・・

「何が良いはわからない。」

そう言っていた友達の言葉。

すかさずわたしは

「誰にだって、何がいいかはわからないよ」

ただ、母として、子どもが強くたくましく成長してくれること
幸せに生きること
それを願っていることは、みんな同じで、
それは、間違いではないはず!!



春から新しい仕事の話がきて、
それ以来、まったく余裕がなく仕事モードの私だったけど、
最近、私の中では母モードが強くなっている。
これも母の日コンサートの影響かなー?

仕事も焦っているので、そろそろ仕事モードに切り替えます。
(^.^)/~~~
スポンサーサイト

テーマ:親の思い・願い - ジャンル:育児

【2006/05/18 09:44】 | 双子育て | トラックバック(0) | コメント(13)
<<子どものお金 | ホーム | 子どもに課題を与えるということ>>
コメント
母モード・仕事モード・・・色々な 『モード』 があるってイイですね。自分の中で気分の切り替えも出来るし。

オンナモード・とか妻モードとかもあってもいいかな~なーんて!!

子どもたちの成長のお話・・・懐かしい気持ち半分新鮮な感動半分でほほえましく拝見いたしました。子どもって可愛いですね!
【2006/05/18 19:03】 URL | ハニー #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/18 20:24】 | #[ 編集]
ハニーさま
女モードに妻モード
どっちも最近つかってなくてさびてるかも^^;
やっと、二人の違いが面白く、子どもをかわいいと思えるようになりました
【2006/05/18 23:15】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
じゃあ、そうなったら次はオンナモード復活ですか~
【2006/05/18 23:32】 URL | ハニー #-[ 編集]
sinyuumama様はゆうちゃんに似てるよ。努力家だもの。
私は、見習わないといけないことばかり。
最近はうちの息子たち男臭くなってきた。私のことなんて何にも頼りにしなくなってきた長男、まだ頼りにしてくれる次男。どっちがかわいいって次男よ。
手をかけてあげられる時間はあと残り少ないかもよ!「かわいい?かわいい?」って育ててあげてくださぁ~い!

【2006/05/19 09:34】 URL | totempole_2006 #-[ 編集]
私は努力家ではない。
ただ、理想に近ずきたいだけで、ただそうおもうだけで、自分のキャパを越えたところでぐずぐずしているだけ。。努力もせずにね
だから、ゆうが、できん
といって暴れると、努力もせずに、結果はでんわ!と、
自分とタブってイライラするのかもね。
だから、彼が努力家だなんて思ったことも無かった。
だけど、ゆうが私と違うところは、ないてもわめいても、もう一度あきらめずに挑戦していること、何度も何度も泣き喚いても、ぜったいやること。
これは私にはない、ゆうのすごいところだと思う。そう思えるようになってからは、ゆうの泣き喚きもやっと受け止めれるようになったわ。
ゆうはきっと、自分で乗り越えれる子になるよね。親には無い何かを持っているとどこかで信じているわ。
べったべったで、ほんとうっとうしいときもあるけどね。そうだね。そのうち、くっついてはこなくなるだろうね。それはそれでさみしいは。
【2006/05/19 20:07】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
正直うっとうしい時って私もあるよ。
ひと休みしたくて、座ってコーヒー飲んで新聞でもよみましょ!と思ったら飛んで来て、ひざの上に乗ってくるから、怒れてくるわ。ひざの上って言うのも、そろそろ限界重いよ。だから我慢しなくちゃだめかな?
sinyuumama様は仕事も家庭もきちんとしててやっぱりがんばり屋さんだと思うよ。
【2006/05/19 22:51】 URL | totempole_2006 #-[ 編集]
「課題」ね、うん・・・。
その子の性格とか、キャパシティとかでも
与え方が変わってくるよね。
うちも、上の子と下の子はタイプが違うしなあ。

わたしは、自分が「褒められたい」症候群だから、
とにかく結果を出したいんですよね。
認められたいし。
で、そういう自分がイヤなので、なんとか、
自分の子どもたちは、そういうふうには育てたくないと
思っているんですけどね^^;
そんなわたしも、自分の親に似て、「褒め下手」なので。
因果だなーと思います。
【2006/05/19 23:02】 URL | moony #-[ 編集]
totempoleさま
ありがとね(ToT)/~~~
ぐらおくんのように「かわいい、かわいい」とやってやります。できるだけ(>_<)

moonyさま
ほんと、自分がほめられたいばっかりで、子どもをほめてやるのって、中々上手にはできないわ。
親の思ったとおりに子どもが育つかどうかはわからない。子どもなりの判断力はもっているからその良心にかけるしかない
という感じです。
【2006/05/19 23:36】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
まさしく人それぞれですね。私の場合、中学生ばかり何千人、(いや、万に入ったか。)も見ていますが、課題の与え方はそれぞれ効果的な方法が違い、一概にこれが良い!と言う方法はないように思います。根性があって食らいついてくる子とすぐにあきらめてしまうタイプの子では課題の与え方も注意します。基本的にはちょっと頑張ればクリアーできそうな課題が基本です。
【2006/05/20 07:29】 URL | 天下無敵の問題教師 #-[ 編集]
無敵先生
コメントありがとうございます。
中学生は微妙な年頃、出会う先生の一言で方向転換する子もいっぱいいますよね。
私の転機は中2の秋の面談でした。
わかったことを言っていても何もわかっていない年頃。微妙な年頃相手に、日々ご苦労さまです。
そんな年頃になったとき、自分の子にも冷静な目が向けられるのか。。。中々それは難しいことと思いますが、自分の子どものころの気持ちをできるだけ忘れずにそのときを迎えたいと思っています。
【2006/05/20 14:36】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
初めまして。
新潟で小学校教師をやっております。

要は自分が成長できたか、できなかったか。
満足感とか有能感が得られたか。の問題だと思います。

教師が行う「課題設定」は無敵先生がおっしゃるとおり、ちょっとがんばればできる課題が多いことでしょう。チームで学習を行う場合は、それよりも高い課題設定になるかと思います。


教師が与えた「課題」に対して、自分自身の経験から比べて形成された「自分の問題」ができます。
子ども自身が持った「問題」に対していかに解決していけるか。そこがポイントなんですよね。

だから、有能な子は「課題」よりも高いレベルの「問題」を設定するし、支援が必要な子は自分なりの「問題」を設定して、友達と学び合いながら解決していくんだと思います。

いずれにしても、教師の「課題設定」で授業が決定づけられると言っても過言ではありませんね。
【2006/05/21 05:08】 URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
先生方にコメントいただけるブログになりまして
とてもレベルの高い、お母様方にもためになるコメントがつけていただけ、ありがたいですね。

私にはレベルが高すぎて、なんだか変な汗がでてきました^^;
課題の中から自分なりの問題を設定して解決している。・・ほーほー
問題解決能力は、社会人になって一番必要な能力かもしれませんね。

「課題設定」で授業が決定付けられる。まさに冷や汗です。肝に銘じておきます。

ありがとうございました。
【2006/05/21 16:17】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sinyuumama.blog46.fc2.com/tb.php/52-3d8d633c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。