スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
博物館 戦争展
今日は博物館へ行きました。


その記事についてはこちら⇒双子の日記に公開


その中の「戦争展」を見た私の感想です。



先生の記事が戦争の体験であったこともあって
行かなくちゃと思ったのですが、
やはり、子どもには見せないほうがよかったかなー
と、ちょっと複雑・・・

考えていると、とても食事もできなくなるくらいに
グロテスクな写真が紹介されていました。
子どもたちには難しいことばかり、

でも、写真は理解できます。

劣化ウラン爆弾の被爆者です。

他にも90歳の被爆者ご本人や冊子、写真など
学童疎開についても紹介されていましたが

なにより、劣化ウラン爆弾の被爆者の写真がインパクトがありました。

イラク戦争の後遺症に悩む人たちの写真でした。

「こわい」これが素直な感想です。

「自分は動けてよかった」とゆうがいいました。

ゆうは、夏休みの読書感想文で「どんなかんじかな」(課題図書)をえらびましたが、
これも、体の不自由な人が主役の本で、自分が五体満足であるということを認識しました。



子ども達は脳裏にあの写真は残っているけれど、

自分のことではないので、今はそこまでです。



この戦争展は博物館が催しているものではなく、
市民団体が毎年行なっている催しのようです。
参観している人、主催している人、皆さん、高齢の方がほとんどです。

数年後、数十年後と、こうして語り継ぐ人はいなくなるのか・・・


また、こういうことに対して訴えが必要であると思いながら
目をつぶっている自分がいます。
できれば、日々の平穏な生活で対岸の火事であってほしいとどこかで思っています。
何もできないし、何もしようとはしていない。

子どもたちが大きくなって、こういうことに感心や問題意識は持ち続けて欲しいと思います。
でも、その中心となってしまうとしたら、それは苦労だな
なんて、考えてしまいました。


不謹慎なことだと思います。
これだけの傷が今も尚残っていて、あきらかに、被害者が(被爆した赤ちゃんや子どもたち)イラクに今存在している。
それなのに、また、戦争を起こそうとしている。
そして、日本も加担しようとしている。
わたしがこんなテーマをここであげてもしかたがないし
人を説得するだけの材料はもちろんない。

ただ、なぜ?という気持ちがある。
おかしい。と思う気持ちがある。

それでも、私は目をつぶってしまう。

子どもたちの未来が平和であることを願っているのに。


この夏は、いつもより戦争に触れることになった。
何かを考えなくてはいけない。目をつぶっていてはだめだ
といわれているのかもしれない。

それでもきっと、またわたしは、
明日からの普通の生活を幸せに過ごす。
スポンサーサイト
【2006/08/25 23:36】 | 母の気持ち | トラックバック(0) | コメント(6)
<<パパの寝かしつけ | ホーム | 恩師からの手紙>>
コメント
とてもご無沙汰しています。
私も安部さんや麻生さんが総理大臣になったら
憲法9条が改憲されて、ますます戦争できる国になってしまうのではないかとドキドキしています。うちの双子も3才7ヶ月になり、コワイと思うことがいっぱいの中、おばぁちゃんが「アフリカの難民の子どもの絵本」を見せていました。
戦争で死ぬとかまだちょっと早いんじゃないかと
思っていたので、こういう戦争展とかいつぐらいから見せるのがベストなんだろう・・って
考えさせられました。
【2006/08/26 16:34】 URL | chiquito #-[ 編集]
多くの先人の犠牲のもと、今の幸せな生活があるんですね。

私たちは、その先人が果たせなかった「夢」を担っているんだ。そう子どもたちには語っています。
【2006/08/27 06:05】 URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
もしも、私の息子に赤紙がきたら・・・と考えただけで「やめて~」と叫びたくなります。
戦争は何の解決にもならない、戦争の痛ましさを伝えることが大事なんですね~
目を伏せたくなるようなこともお年を召した戦争体験者の声を聞くことも、意味のあることだと思いました。
【2006/08/27 20:46】 URL | totempole_2006 #-[ 編集]
chiquitoさま
コメントありがとうございます。
お久しぶりですねー。
アフリカの飢餓の子の話とか、フィリピンでごみを拾って暮らす子のはなしとかをテレビでやっていたときに、子どもに見せました(年長さんになっていたと思います)
あなたは幸せなんだ。と押し付けてもいけませんが、本当に、幸せですよね。

hirarin先生
いつもありがとうございます。

「夢」を担っている・・・なるほど。責任重大ですぞ。
幸せであるということは夢を果たしているということなのかな?その、継続ができるように、伝えていくべきことを伝えていかなければいけないのでしょうかね。?

totempoleさま
ほんとだね。
私たち親世代も、もう、実感としてないよね。目を伏せれば避けて通れる世界です。
でも、きっと何も伝えないのではいけないのだろうな。。。と思うんだけどね。
【2006/08/28 15:14】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
名古屋市博物館、いいですね。

今回、sinyuumamaさんが、話題にされたことで、読者のみんなが、自分と戦争のかかわり、わが子と戦争について、もう一度考えることができたと思います。
また、子どもさんも、お母さんか連れていってくれたこと、きっと考える基になる体験になると思います。

どうしても行きたい展示があると行きます。
お土産はいつも絵葉書です。
【2006/08/29 00:56】 URL | カワセン #-[ 編集]
カワセン先生
私は博物館へ始めて行ったような気がします。
無縁の世界でした。
こんなきっかけで、思いがけず良い体験ができました。
子どものおかげで、わたしも
いろいろな体験をさせてもらっています。ありがたいことです。
【2006/08/29 21:50】 URL | sinyuumama #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sinyuumama.blog46.fc2.com/tb.php/85-f3bb9e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
双子育て戦いと感謝


1年生双子の母です。 今二人が1年生になり、はじめてこういう時間を持てるようになりました。 育児の反省などをしながら、育児奮闘中ママへのエールと、自分へのエールの場としていきたいと思っています。

     



↓双子ブログランキングに登録
 してみました。
 一日一回クリックお願いします。





↓BESTブログランキングにまで
 登録してみました。
 一日一回クリックうれしいです。



みんなのプロフィールSP

ご訪問ありがとうございます!
これからよろしくおねがいします。


春からブログをはじめよう!

登録>>>

プロフィール

sinyuumama

Author:sinyuumama
生年月日 1967年2月
住所   名古屋市在住
家族   やさしいパパ
     とわたし
     と2年生の双子の男の子


双子のブログはこちら
   ↓
双子1年生の1行日記

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アフィリエイト提携サイト


本好きな子に!
ウチの双子
絵本はたくさんもってます


双子1年生のお気に入り 作家武田美穂の絵本 はこちらから


右脳の刺激にモーツアルト
モーツアルト生誕250年10%~セール
双子の最近の子守唄がわり



アフィリエイトやる?
ならば
まずは登録


ウチは電話もネットも  KDDI


お野菜もネット買う時代!?

いつものお店もネットで
音楽もネットで

着うた


クルマの査定が、ネット上でできるんだって。ガリバー


最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。